無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

👼🏻アイドル時代
こうして私は日本を離れた

。
両親と一緒に契約書のサインや、中学校の転校などとにかくいろいろ大変だった
明明後日の夜の便に乗る予定らしい
それまでに荷物の整理や韓国に持ってくものなどまとめておいた
韓国語の練習も少ししておいた
まだ挨拶とかしか言えないけど…
クラスではお別れ会をした
嬉しいと悲しいの涙が混ざる


そしてついに空港へ
空港にはメンバーや友達や社長や家族などいっぱいいる
さな「あなた😭」
メンバーは私に勢いよく抱きついた
お父さんとお母さんは
母「韓国でも頑張りなさい」
父「帰りたくなったらいつでも帰ってこいよ待ってるから」
そしてわたしは
みんなとお別れした
「みんな頑張ってくるね!」
最後に大きく手を振った
一緒に韓国を案内してくれる人(通訳)と社長と一緒に飛行機に乗った