無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

👼🏻アイドル時代
AppleGardenのデビュー曲は結構売れ、わたしたちの活動範囲は広がっていった
それにつれ私たちは忙しくなった
しかもわたしは中学生
学校に通いながらアイドル活動はきつい
睡眠時間も減っていく
眠い
こうおもうと他のアイドルがとてもすごく感じた
裏では努力してるのかな
私もこんな弱音吐いてないで頑張らなきゃ
そんなことを思ってわたしはやっと寝た


ヂリヂリ⏰
「ファアクァ」
「眠い」
睡眠時間5時間
こんなん普通の中学生じゃないよ…
そんな感じで学校へ行った


学校🏫
ファアア
ただひたすらに眠たい
今日は6時から練習だから部活は休む





マネージャーが迎えに来て事務所まで連れていく