無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🦍コスプレイヤー時代3
👨「わかりました。時間などはまたメールで連絡しますね」
家🏠
母「おかえり〜」
「ただいま〜」
母「楽しかった〜?」
「うん」
「てかお母さん、わたしこの事務所はいっていいかな?」
母「うぇ!?スカウトされたの!?」
「うん」
母「まあ事務所の雰囲気良さそうだし入ってみる?」
「いいの?」
母「うん」
「やった!」
プルプル📞
母「はい、高橋です」
👨「あなたさんの親御さんですか?」
母「はい。母です」
👨「あの、どうしますか?」
母「ぜひ入らせてください!」
👨「ありがとうございます!オーディションの話なんですけど来週の土曜日なんです」
母「全然大丈夫ですよ〜」
母「はい」