無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第89話

🏐 ×89
将洋side




みんなにこんな話する時が来るとは思ってなかった



彼女を作らなかった理由はそれだけじゃない。
























俺はあなたが好きだ。

昔も今も変わらずずっと、



あなたを好きな期間は
有志よりも長い自信ある。







でも今はそんな事を張り合ったって意味ないし

あなた達は幸せそうだから、



二人の仲を壊すつもりはさらさらない




俺はキャプテンとして、先輩として

二人の幸せを願ってるよ。











石井
石井
まーちゃん。泣かないで
将洋
将洋
え?泣いてないよ?
石井
石井
泣いてるじゃん。
石井
石井
心が泣いてるよ。



あぁ。あなたのこういう所だ

あなたの事忘れようとしたのに、
好きって気持ちなんか隠そうと思ったのに



あなたはいつも誰も気付かない事に気付いてくる




そんな所に俺は惚れたんだ。



誰かに気付いて欲しかった、でも
誰にも気付いてもらえない







バレーも、勉強も、恋も何もかもが
上手くいかなかった大学2年の時




そんな時、あなたが声掛けてくれた。

俺の気付いて欲しいものに
気付いてくれた唯一の人だった。






俺はそんなあなたに惚れたんだ。







そんな事を考えていたら、
自然と涙が溢れてきた。止まらない。




涙ってどうやって止めるんだっけ...?




将洋
将洋
...(泣)
石井
石井
あなたの胸でよかったら貸すよおいで(腕を広げる)



この優しさが辛いんだ。

でも今は、

どうしても甘えたい...。









俺はあなたの胸の中で泣いた。

俺よりも細いくせに、
俺よりも背が高く、腕が長い

あなたの体に包まれて。





男としては恥ずかしいけれど、
今はこうするのがよかった。こうしたかった


あなたの胸で泣いてしまった。






翼
翼
マサさん。相当我慢してたんじゃん
達哉
達哉
人には頼れとか言っといて、自分がダウンする時すごくみっともない。
達哉
達哉
だからマサ。頼ることを覚えろ
将洋
将洋
う、うん...(泣)
石井
石井
まーちゃん。大丈夫。大丈夫だよ
石井
石井
まーちゃんはよく頑張ってるよ。
ちょっと頑張りすぎだね
石井
石井
たまには泣いたっていいんだよ。
たまには弱音を吐いたっていいの。
邦広
邦広
キャプテンだからって、そんなガチガチになんなよ。キャプテンだって人間だ
邦広
邦広
感情があるのなんか当たり前なんだから、もっと自分を出せよ。
将洋
将洋
はいっ...(泣)
博
博
あなたすごいね。よく分かったじゃん
石井
石井
そうかな?だっていつもと全然違ったし、すぐ分かるよ?
誠大
誠大
今日のマサさんいつもと違う??
石井
石井
ううん。同じだよ。でも、元気に振舞おうとしてる無理してる
石井
石井
まーちゃんにそんな辛そうな顔させたくない。
晶大
晶大
あなたの優しさだね。
石井
石井
まーちゃん。泣くのはカッコ悪いことじゃないんだよ。
石井
石井
だから泣ける時にいっぱい泣いとかないと、いつか泣けなくなっちゃうよ?
将洋
将洋
それは、やだね...(泣)
石井
石井
やでしょ?だから今はいーーっぱい泣いていいよ
将洋
将洋
ありがとう...(泣)
石井
石井
まーちゃん。いつもお疲れ様です
石井
石井
まーちゃんのフォームすごく綺麗
石井
石井
まーちゃんはいつも居残り練習し過ぎ
石井
石井
たまには早く帰って家でゆっくり
石井
石井
体を休めてください。
将洋
将洋
...(泣)




あぁ。これはマンガの世界だろうか


面白いくらいに

あなたは俺がかけて欲しい言葉を言ってくれる



ますます好きになる。

どんどん惚れる。忘れようと思っても

そんなの出来ない。





石井
石井
まーちゃんが何に悩んでるのか私には分からない。でもね、
石井
石井
何かを変えたい。関係を変えたいって思った時にね最初に変えなきゃいけないのは自分自身。
石井
石井
願ってるだけじゃどうにもならない。
結果が全て。
〜だから、とか〜があって。とかは
言い訳にしか過ぎない。
石井
石井
それはまーちゃんが1番分かってるんじゃないかな。
石井
石井
だから、自分の心を信じて当たって見るのも私はいいと思うよ。




俺が悩んでることは分かってくれる。

でもその内容はあなたには分からない。




今告白するべきか...






石井
石井
決めた。
石井
石井
こんなまーちゃんを1人でドイツには送っていけない
石井
石井
ご飯とかだってどうせ作ってないんでしょ?
石井
石井
私がフランクフルトに着いてく。
毎日ご飯作る。
洗濯物も畳む。
お弁当だって作る。
男子Volleyball
男子Volleyball
は!?
直哉
直哉
馬鹿なの?お前妊婦だろ