無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

🏐 ×110
あの日の前日



俺は
博亮さん、大和くん、汰一くん、聡太くん、隆太さん
と居酒屋に来ていた





そしたらそこに何人かの女の子達のグループが
俺達に声をかけてきて、

一緒に飲むことになった





俺は話さなくていいやなんて考えは甘かった

なんでその時断らなかったんだろう。




____________________


有志side




愛來(アイル)
愛來(アイル)
あのぉ〜一緒に飲んでもいいですか?
隆太
隆太
どーぞどーぞっ!



酔っ払ってた隆太さんに任せたのが間違いだった





俺 美依沙 隆太 夏菜子 汰一

テーブル

博亮 蘭 大和 愛來 聡太



みんなで飲み始めて数十分が経った頃




蘭(ラン)
蘭(ラン)
皆さんはなんのお仕事
なさってるんですか?
 大和
大和
俺たちはジェイテクトって会社に
務めてますっ!
夏菜子(カナコ)
夏菜子(カナコ)
それにしては背が大きくて体格いいですね!みなさん同じスポーツなさってるんですか?
博亮
博亮
俺たちはバレー部に所属してます
愛來(アイル)
愛來(アイル)
すごい!素敵ー!






そんなみんなの話を黙って聞いてると
隣の女の子が声をかけてきた

その子もまだ自己紹介の時以外喋ってないようだ



美依沙(ミイサ)
美依沙(ミイサ)
つまんない?
有志
有志
え、?
美依沙(ミイサ)
美依沙(ミイサ)
何も食べないし、喋らないし
美依沙(ミイサ)
美依沙(ミイサ)
つまんないのかなー?って
有志
有志
いや、大丈夫です
美依沙(ミイサ)
美依沙(ミイサ)
結婚、してるんだ
有志
有志
え、?
美依沙(ミイサ)
美依沙(ミイサ)
指輪
有志
有志
あー。
美依沙(ミイサ)
美依沙(ミイサ)
奥さん可愛い?
有志
有志
あたりまえ
美依沙(ミイサ)
美依沙(ミイサ)
ねぇ、静かなところで2人で
飲み直さない?
有志
有志
え?
美依沙(ミイサ)
美依沙(ミイサ)
奥さんの話もっと聞かせてよ





俺はあなたの話が出来るって嬉しくなっちゃって

その誘いに乗った




2人でバーに行った。