無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

🏐 ×101
有志side



*プルルルル*











こんな時間に誰だよ、暇人かよ...


どうせ大和くんとかだろ。

明日休みじゃなかったら絶対出ない。






有志
有志
もしもし...
石井
石井
もしもし、ゆーくん?
有志
有志
えっ?あなた!?



俺は飛び起きた







石井
石井
寝てた、よね?ごめんね。
有志
有志
全然大丈夫!あなたから電話来たらバッチリ眠気覚めた
石井
石井
眠気覚めちゃったの...?ごめん。
明日バレーあるのに。
有志
有志
今日のあなた謝ってばっかだな、
有志
有志
どした?なんかあった?
石井
石井
ゆーくん約束守んなかった。
毎日電話とLINEな。とか言ったのにさ、
全然連絡してくれないじゃん
有志
有志
いやー、時差とかあってさ?
起こしたら悪いなーとか思って、
連絡できなかった。それはごめん
石井
石井
ううん。今こうやって話せてるから
いいんだけどね‪w‪w
有志
有志
今ドイツは何時なの?
石井
石井
20時!
有志
有志
こっちは4時だよー
石井
石井
うそ、ごめん
有志
有志
明日1日オフだから大丈夫ー!
あなたこそ大丈夫なのかよー
石井
石井
明日はねまーちゃんが病院連れてってくれるから病院行くの
有志
有志
え、大丈夫なの?どっか悪いの!?
石井
石井
うーん、冷えたのか分かんないけどちょっと気持ち悪くてさ。立ってるの辛いし
石井
石井
新しい病院の偵察がてら行ってみる
有志
有志
え、ほんとに大丈夫?
石井
石井
大丈夫。
石井
石井
ゆーくんの声聞いたらなんか、元気出てきた‪w
有志
有志
ならいいけど...
有志
有志
ほんとに無理だけはしないで?
石井
石井
わかってるよ、大丈夫。
有志
有志
あなたの大丈夫信用出来ないんだよなー?
石井
石井
なんだとー
有志
有志
うそうそ、‪w
石井
石井
早くゆーくんに会いたい。
有志
有志
おれもー。
有志
有志
今日寂しすぎて死ぬかと思ったもん
石井
石井
1leg終わったんでしょ?
有志
有志
そそそ
石井
石井
じゃあ今度は人事部頑張ってね
有志
有志
ちゃーんと稼いできますよ
石井
石井
よろしくお願いしますね
石井
石井
あ、さち大丈夫?
有志
有志
全然大丈夫
有志
有志
めちゃくちゃ寂しがってるけどね‪w‪w
石井
石井
私も寂しいよー
石井
石井
ご飯は?ちゃんと出来てる?
有志
有志
それがですね...
石井
石井
んー?なになに‪w
有志
有志
全然上手く出来なくてコンビニになってしまってます。
石井
石井
えぇ。
石井
石井
もー、なんでよ‪w‪w
有志
有志
やっぱりあなたの料理が世界一ってことが分かりました!
石井
石井
世界一は大袈裟だよ‪w‪w
有志
有志
いや!もう俺の胃袋をぎゅっと掴んでいったぜ
石井
石井
何その古臭い映画みたいなセリフ‪w
有志
有志
いいのー!‪w
将洋
将洋
あなたご飯できたよー
石井
石井
はーい


電話の向こうから聞こえる2人のやり取り。

夫婦みたいだなーなんて思ってしまった
自分がいる。

あんなに自信あったのに。

あなたは俺だけに夢中だって言い張れたのに。




たったひとつだけのあのやり取りで
自信をなくす俺は意気地無し...




石井
石井
じゃあゆーくんもう夕飯の時間だから
有志
有志
あ、うん。
石井
石井
大丈夫?
有志
有志
うんうん!全然大丈夫だよ!
有志
有志
明日はさちと遊んでるし、暇だからいつでも連絡して?
石井
石井
わかった
石井
石井
ゆーくんもね?
有志
有志
おっけ
石井
石井
起こしちゃってごめんね?
有志
有志
全然大丈夫
有志
有志
じゃあ、おやすみー!
石井
石井
おやすみなさい!
有志
有志
愛してるよ
石井
石井
愛してる。




*ツーツーツー*







あぁ。今頃2人でご飯食べてんのか。
俺は1人寂しく布団で寝てるのに...
あなた信じてるからな。