無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

558
2021/02/04

第2話

嫉妬させたい。
私
というわけなんだけどなにかいい案ないですか?
私は頭を悩ませた末に助けを求めた。
電話で事情を説明した。その電話の相手は、
민윤기
민윤기
え…?
紛れもなく私の彼氏。
私
だから、彼氏を嫉妬させる方法。
민윤기
민윤기
知らないよ。
私
…なんで知らないの?
민윤기
민윤기
そもそも嫉妬しないから。
私
…確かにね…
お昼の時間だと聞いてわたしは윤기に電話をした。迷惑はかけたくないのでもうそろそろ切るべきだろか…?
민윤기
민윤기
もういい?
私
うん、お昼にごめんね。
민윤기
민윤기
いや大丈夫。
私
じゃぁ、頑張って。
민윤기
민윤기
うん。





私は思った。塩分の摂りすぎで多分私は高血圧になっているんじゃないか、と。




電話を切ったばかりなのにスマホがなった。
私
…?
誰かと思いスワイプしてみると、
私
…え?
私はスマホをスピーカーにする。
Jin
Jin
もしもし?
私
もしもし。
Jin
Jin
久々だねー、元気?
私
元気ですよ。
相手はジンくんだった。
Jin
Jin
さっきの話あらかた聞いてたよー。
私
え、、、。お恥ずかしい。
まさかあの人スピーカーにしてたんじゃないでしょうね?
Jin
Jin
てか、丸聞こえだった!
私
いや、絶対スピーカー!!!
Jin
Jin
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ふざけんな、マジで恥ずかしいじゃん!!
私
え、そこにさ윤기いないよね?
JUNG KOOK
JUNG KOOK
いないよ!
ググ!!?
JUNG KOOK
JUNG KOOK
ヌナ!久しぶり!
私
え、何そこに何人いるの!?
JUNG KOOK
JUNG KOOK
僕とジンヒョン2人!
私
あ、そうなんだ。
Jin
Jin
それで、嫉妬させたいんだよね?
私
まぁね、嫉妬じゃなくてもいいの。とにかく윤기が何を思ってるのか知りたいんです。
…ホントはこんなことしたくない。

だって怖いから。もしも、ほんとに윤기が私を好きじゃなかったら?



それを考えるだけですごく不安になる。
JUNG KOOK
JUNG KOOK
…でもさ、ユンギヒョンってほんとに嫉妬しなくない?
私
そうなんだよ…。
Jin
Jin
付き合い始めたのいつだっけ?
えっと…
私
もうすぐ3年目?
JUNG KOOK
JUNG KOOK
あー
Jin
Jin
あー 
え、なに。ふたりして声を揃えて…。
Jin
Jin
難しい時期だね。
私
やっぱりそうなんですかね…
3年目っていうのは「恋愛」の"恋"から"愛"に変わる時期だと何かで読んだことがある。



でも、それが"愛"にならずに終わってしまうケースが多いんだとか…。
JUNG KOOK
JUNG KOOK
ヌナ!ヌナはユンギヒョンのどこに惹かれたの?
私
えぇ…🤔
Jin
Jin
たしかに、聞いたことなかったかも。
私
まぁまず顔でしょ。真剣な時と笑ってるときのギャップがすごく好き。
JUNG KOOK
JUNG KOOK
うん。うん。
私
それから声でしょ?
私
いつも一生懸命なところもすごく好き。だけど、真剣にやり過ぎちゃうようなところはほっとけないなぁって思う。
Jin
Jin
確かにね
私
armyのことを一番に考えてるところも好きだし、
Jin
Jin
うん
私
私に内緒でくまモングッツ集めてるところも好き。
JUNG KOOK
JUNG KOOK
え、まって。それは知らない!
Jin
Jin
なに、윤기、集めてるの?ㅋㅋ
私
あ、言わないでよ!?
つい口を滑らしてしまった…。
JUNG KOOK
JUNG KOOK
言わないㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
このマンネ怪しすぎる。
Jin
Jin
…あのさ、윤기のこと、好き?それとも愛してる?
"愛してる"か、"好き"か…。



考えたこともなかった。
私
…わからないです。
Jin
Jin
でも好意を持ってるのは確か?
私
うん。
Jin
Jin
そっか。
JUNG KOOK
JUNG KOOK
うん、ヌナ。
家出してみたら?
…え?
私
家出…?
JUNG KOOK
JUNG KOOK
そう。どうせヌナはいつもユンギヒョンが帰ってきたら玄関まで飛んでいくんでしょ?
…何でもお見通しなわけ?この人たち…。
Jin
Jin
…今なんで知ってるの?って思った?
私
思いました。
JUNG KOOK
JUNG KOOK
ユンギヒョンが言ってた。
うぉい!윤기!!!!!!


恥ずかしいからまじでやめてほしい。
Jin
Jin
いつも飛んでくる彼女が今日は飛んでこない!?え?なんで!?
JUNG KOOK
JUNG KOOK
ってなるユンギヒョン。
私
を、みたい貴方たち
Jin
Jin
よくわかったねㅋㅋ
こっちは真剣なのに…!!!







Jin
Jin
でもほんとにこの案いいと思うよ。
私
…家出なんて学生がやることですよ?
JUNG KOOK
JUNG KOOK
ユンギヒョンはちょっとお爺ちゃんすぎるんだよ。

ヌナみたいに幼いくらいがお似合いです。
なんかけなされてる…?



윤기…私達、グクにけなされてますよ、、、。
私
でも、どこにでかければいいの?
Jin
Jin
…いいこと思いついた。
私
…いいこと…?





ジンくんはとても楽しそうに言った。











私思ったんだけどこの人たち私を手伝うって言いつつ多分윤기の反応みたいだけなんじゃないかって…。