無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🍼
私達はお互いが5歳の時親の離婚で引き離された
大好きな人に会えない苦しさ寂しさ悲しさ
私達は別れる前にある約束を交わした
ジフン(幼少期)
ジフン(幼少期)
15歳の年に僕達の生まれた日にいつも遊んでいた公園で会おうね
you(幼少期)
you(幼少期)
うん約束だよ!
ジフン(幼少期)
ジフン(幼少期)
約束!
そして指切りげんまんをして別れた
そして月日は流れ9年後←多分
あなたside
今日はやっとジフナに会える日そう誕生日だから公園にいる
久しぶりにくるこの公園
私はジフナが来るまでブランコに乗って犬達と遊ぶことにした
ウジside
今日はあなたと約束した日
急いで帰ろうと思ったら友達に捕まってずっと話を聞かされていた
終わらなそうだから声をかけ制服のまま公園へ向かった
そこには飼い犬と遊んでいる髪の長い女の人がいた
僕はすぐわかったあなただって
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
あなた?
you(15歳の時)
you(15歳の時)
じふな?
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
あなた!
you(15歳の時)
you(15歳の時)
じふな!
なんかちょっと変だよねうん←
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
会いたかったよ〜
you(15歳の時)
you(15歳の時)
私もだよじふな
ウジ砂糖やん←出てくるな
you(15歳の時)
you(15歳の時)
私ね実はこれをきに韓国に戻ってくることにしたんだ
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
ほんとに!?
you(15歳の時)
you(15歳の時)
うん
you(15歳の時)
you(15歳の時)
おんまも私のこと嫌いなみたいだし
新しいアッパもだからやっぱり韓国にいた方が私は楽だから
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
てかそのワンちゃん達は?
you(15歳の時)
you(15歳の時)
私が飼ってる
you(15歳の時)
you(15歳の時)
ティアラ
you(15歳の時)
you(15歳の時)
と
you(15歳の時)
you(15歳の時)
ティアナ
you(15歳の時)
you(15歳の時)
一応双子ちゃんなの
you(15歳の時)
you(15歳の時)
可愛いでしょ?
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
可愛い
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
そういえばどこに住むか決めた?
you(15歳の時)
you(15歳の時)
まだだよ
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
じゃあさ僕の家で住もうよ!
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
父さんも居るんだよ
you(15歳の時)
you(15歳の時)
アッパがいるの?
you(15歳の時)
you(15歳の時)
アッパに会いたい!
ウジ(15歳の時)
ウジ(15歳の時)
じゃあ行こ!
NEXT
待ってや下手すぎてヤバい
てか展開はやない?←書いてんのお前な
そういえば7月号のCanCam?だっけにセブチ表紙きたで詳しくはCanCamホームページでご覧ください←急な敬語
ちな皆さん買いますか?
主買おうかなとは思ってる←