無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

752
2020/03/21

第3話

٭❀*入学式٭❀*2
目が覚める。























そこには同じ制服の男子二人が立っていた。
???
???
あ、起きた
あなた

.....

???
???
大丈夫ですか?
あなた

はい..

???
???
えっと..それ、音駒の制服だよね?
???
???
ていうか、立てる??
あなた

なんとか..



手を貸してもらって私は立った



























めっちゃ手がでかい。
運動部なのかな??





























って、そんなことじゃんがえてる場合じゃない!!
何があったんだっけ.......



































____________________________________________________________
























確か...

学校に行こうと思って..


走って..


時計を見た時にぶつかって..




























____________________________________________________________
あなた

あ、今日入学式だ!早くしないと!!

あなた

っていうか私からよそ見して突っ込んじゃって...
怪我ないですか!?

???
???
あァ..
それなら大丈夫だよ
それより君の方が大丈夫??足から血出てるよ☆
あなた

あ、ほんとだ全然気づかなかっためっちゃ血出てる..

???
???
はい、絆創膏
あなた

あ、ありがとうございます

あなた

(お母さんみたいだな..w)

???
???
でェ?、君は新入生?
あなた

はい..道に迷ってて...

???
???
では、この親切な黒尾鉄朗サマが学校まで案内してあげましょう✨
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
俺は黒尾鉄朗
三年生だ☆
???
???
....クロ..早くしないと学校遅刻するよ..?
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
そうだなw
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
こっちが研磨だ
孤爪研磨
孤爪研磨
おれ、孤爪..研磨
孤爪研磨
孤爪研磨
二年生..
あなた

あ、私はあなたです!
えっと..孤爪.先輩と..黒尾先輩..いろいろとありがとうございます<(_ _)>

孤爪研磨
孤爪研磨
あ、おれ研磨でいいよ
先輩とかぜんぜんそういうのいいから。
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
俺も先輩とか堅苦しいっていうか..ぁ
あなた

じゃあ黒尾さん!!

黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あんま変わってないw
孤爪研磨
孤爪研磨
クロはクロでいいよ
あなた

じゃあクロ!!(笑顔)





笑った顔めっちゃ可愛い



っていうかよく見てなかったけどあなた
めっちゃ可愛い....
(男子二人の心の中)
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
まあとりあえず
学校まで行きますかぁ!































学校に着き無事入学式が終わった。









帰りも研磨とクロと一緒に帰った。