無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

350
2021/08/17

第12話

☁11
あなた「てか、来ないとか言ってたのに結局来てくれたんだー!嬉しい嬉しい!」





そんなに嬉しがるかよ…//






あなた「何か用があって来たの?」




黒尾「あ、いや、別に…」



あなた「用がないのに来てくれるってことは…、




そんなに暇だったのか…」




黒尾「は、はあ?、お前と違って暇じゃねぇし、忙しいけど…モコモゴ」










何を俺は焦ってんだ…、



あなた「まあいいよ!」




花井の方に視線を向けると、









空を眺めていた…





あなた「明日雨降りそう…」




黒尾「なんで?」



明日の天気って晴れじゃね?







あなた「傘持ってきた方がいんじゃない?」





黒尾「そんな天気予報士でもないやつなんて信じられねぇよ、」





あなた「まあまあ!騙されたと思って持ってきてよ!」














次の日、一人だけ傘持ってきて研磨にバカにされたけど…





帰りにまじで雨降ってきて…、みんなが濡れてる中俺は傘をさして帰った…













あいつまじで何者?