無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

279
2021/09/24

第13話

☁12




次の日、天気を当てたあいつに何で当たったのか聞くと…









   



あなた「テレビでね…、天気は少し先の未来が見えるって言っててすごいなぁ…、って思って気になったから少し勉強してただけだよニコ」






天気とかなんとか前線とか覚えるやつだよな…?






すげぇな…、





あなた「あっ、なんとか前線とかはわかんないよ!ただ雲とかの動きとか風の向きとかで勝手に予測してただけだから…」





黒尾「へぇ…、」




あなた「……………たまに歌にもさ空のこととかの歌詞をつける人もいるじゃん?」




黒尾「ああ…、?」




あなた「あっ、たとえばね…、
______雨上がりは虹がさくでしょ?泣いたあとには笑顔がさくわ______♪



とか、


______止まない雨はないとわかっていても信じられないくらい朝も心の傘をさして出かけよう君だけのCOLORFUL______♪


とかあるの…!」



俺はあいつが教えてくれた歌は聞いたことがなかったけど



花井がワンフレーズ歌ってくれてどんな感じの歌かはわかった…
















でもそれよりもあいつの歌声に惹かれた…、





あなた「こういう歌があるから雨とか嫌だとか思ってもさっきの歌詞のこと思い出すと頑張ろう…、って思えるんだ…!」 
 







 


そうやって答えるあいつがキラキラしてみえて眩しかった…