無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

347
2021/08/12

第10話

☁9
あれから俺は暗く沈んでいた気持ちが少しずつなくなってきた…、





認めたくねぇけど…、あいつに助けられたわ…







暇だったら来いって…、行ってたし久しぶりに行ってみるか…、






別に会いてぇわけじゃねぇからな!((ツンデレかよ





友達「黒尾どっかいくのかよー?」




黒尾「おう、ちょっと散歩してくる」




友達「わかった!」




俺は屋上の前まで来た、



あなた「〜〜〜」



屋上から話し声が聞こえた…





ちらっと様子を見ると…



花井は





女の子と会話をしていた…