無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

はぁ、。。
ちょっと愚痴こぼしますね。













雑談部屋で呟いたら
心配してくれると思ってるの?

「マジあいつウザイ。」

とか言ってさ。
はいはい、良かったですね。

「大丈夫?」

とか同情が欲しかったんでしょ。

「潰そうか!?」

って愛されたかったんでしょ。





くだらな。
ていうか、そっちから無視してるじゃんか。
避けてるのそっちだよ?

一方的過ぎるわ。
そんなに嫌いなら
お気に入り外したらいいじゃんか。
私だってお気に入り欄見る度に、
名前があるから、思い出すんだよ、?
あなたの発言さ、ブーメランだよ。
これ以上病ませないで欲しい。切実に。





不快だと思いますが、
もう少しお付き合い下さい…、





めんどくさ。
レギュラー取りたかったら
それなりの努力すればいいのにさ。
1年が試合に出れて
自分が出れないからって、

私に言われてもさ。
私は顧問でも無いし。
ていうか、そうやって言う前に、
練習したらいいじゃん。

喋ってる間に練習したら、
レギュラー取れるんじゃないの。
はぁ、ほんとめんどくさ。
自分のことばっか。

周りは見えてない。


自己中かよ。


ほんと迷惑。考えてよ。
1年も可哀想じゃん。

自分は頑張って練習重ねて、
やっと取れたレギュラーなのにさ、


先輩に影で言われて、妬まれて。


絶対、聞こえてるよね。



でもさ、私がほんとに
イラつくのは自分に対して。
影で言われてるの知ってるのに
1年に同情するだけで。

見捨てる、と同じだよね。


知ってる、そんなの知ってるけど。

自分までされちゃうから。
やっぱり、自分を守るんだよ。

自分が大切なんだな…。
いつか、自分を捨ててでも
守れる人が出来たらなぁ。


何て考える今日この頃。







最後はポエムもどきに…((
でも、少しでも吐いたらスッキリしました。
ありがとうございました!