前の話
一覧へ
次の話

第20話

冨岡の継子
冨岡さん
冨岡さん
あなた
あなた

師範!

冨岡さん
冨岡さん
そろそろ休憩にしよう
あなた

はい!☺️

冨岡さん
冨岡さん
筋肉がついてきたな
あなた

確かに最近腕の筋肉が硬いような、、

冨岡さん
冨岡さん
頑張ってる証拠だ
冨岡さん
冨岡さん
全集中もしっかりと出来てるし
次の任務はお前もこい
あなた

え!
ほんとですか!?

冨岡さん
冨岡さん
ああ
あなた

(頑張らないと!)

冨岡さん
冨岡さん
、、
あなた

、、

シーン
あなた

あ、あの、、

冨岡さん
冨岡さん
なんだ
あなた

師範は、ど、どうして私を継子に選んだのでしょうか?

冨岡さん
冨岡さん
、、
あなた

(ドキドキ

冨岡さん
冨岡さん
俺は継子を作らないと決めてたんだ
あなた

じゃあー尚更、、
なんで、

冨岡さん
冨岡さん
お前は水柱に向いている
あなた

柱にですか、、

冨岡さん
冨岡さん
ああ、型の形が錆兎に似ている
あなた

錆兎さんって前、師範が話していた

冨岡さん
冨岡さん
ああ、死んだ友人だ
あなた

、、でも私は

冨岡さん
冨岡さん
錆兎と似てお前は俺を元気にしてくれるんだ
あなた

元気に?

冨岡さん
冨岡さん
ああ、俺はいつもお前に救われている
あなた

え、

あなた

私は、師範のお役に立てててるのでしょうか?

冨岡さん
冨岡さん
ああ、少なくとも俺はお前が居ないとダメだ
あなた

そんな事、初めて言われたのでとても嬉しいです

あなた

私、沢山努力して師範のような素敵な水柱になります!

冨岡さん
冨岡さん
期待している
あなた

師範も沢山頑張らないと行けませんよね(*^^*)

冨岡さん
冨岡さん
おれか?
あなた

はい!

あなた

いつかちゃんと私の気持ちにきずいてくださいね?

冨岡さん
冨岡さん
なにがだ?
あなた

ふふっ