無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

悪夢の始まりpart2
登坂広臣
登坂広臣
がんちゃーん?来たよー
岩田剛典
岩田剛典
あー。臣さん!ありがとうございます!!
登坂広臣
登坂広臣
ほんとそーとー飲んだんだねー
岩田剛典
岩田剛典
はいw
みんなを1人ずつマネージャーの車に乗せていく
岩田剛典
岩田剛典
そういえば、臣さん。
登坂広臣
登坂広臣
ん?
岩田剛典
岩田剛典
ゆみが臣さん、ゆうちゃんに取られたって号泣してましたよw好きなのにーってw
登坂広臣
登坂広臣
え!?まじで!?
両思いってこと!?
岩田剛典
岩田剛典
そうっぽいっすねw
登坂広臣
登坂広臣
今までゆみが俺に対してファン的な好意か恋愛感情の方の好意かわかんなかったから告白できなかったんだけどねー。明日コクる!決まり!
岩田剛典
岩田剛典
頑張ってください!!w
岩田剛典
岩田剛典
あ。ゆうちゃんは大丈夫だったんすか?
登坂広臣
登坂広臣
あー。やばいよ。お酒自ら飲んでてわたしぃお酒弱いんですぅアピール、自分可愛いアピールすごいもん。
岩田剛典
岩田剛典
うっわー。苦手なタイプっすわw
登坂広臣
登坂広臣
まあ、ゆうちゃんのことに関しては丁度いい距離感で頑張ってくわーw