無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

story_8



















亜嵐side



"俺、諦めてませんから。"


この言葉がずっと脳内でリピートされる。


なんなの??これ。


あなたと出会ってから、俺は狂ったように


おかしくなった。


水なんか本当は差し入れしない。


LINEだって音響さんとは交換しない。


嘘をつくことなんて………滅多にしない。


隠し事は別だけど。


本当は………いや、


このことをあなたに言ったら


どう思うだろう。


安心するのか??それとも


傷を見られたくなくて悲しむのか。


………いや、これからのためにも


言っておいた方が………


これからのためにも………??


いや何考えてんの俺。


………本当のこと話すか。


にしても本当に綺麗な顔してんなぁ………。


誰にもこの寝顔を見られたくない………は??


だから何考えてんの………。


俺はもう、好きな人なんて作らないって


決めたんだから。
あなた

ん、

白濱亜嵐
白濱亜嵐
あなた!!
あなた

あ、らん…??

白濱亜嵐
白濱亜嵐
よかったぁ………。
………話は陸から聞いた。
あなた

………あの夜見たでしょ、
火傷のあと。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
………見ただけだけどね。
あなた

………え??

白濱亜嵐
白濱亜嵐
本当はヤるつもりだった。
最近溜まってたから。
けどさ、そんな傷見たら、
ヤる気どころか、俺なんか
泣いちゃってさぁ、‪w
ずっと抱きしめてた。
あなたのこと。
あなた

………なんだ。
………でも、ありがと。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
………どーも。
あなた

けど、亜嵐もなんかある。
隠してる、絶対に。
話す時が来てからでいいから、
私に、話して欲しい。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
………ありがと。

胸がギュッと、締まった気がした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

えすたん.
えすたん.
しばらく小説おやすみします。 👊🐒🌈 ソ ル ト さん … 憧れの存在😇🔞 user/91adb9+ 🍑 … まるちゃん同盟👼 user/e996ba+ 🍓 … ありがとう。 user/db3ad1+ ごめんなさい。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る