無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

2_story_1




















………………………ふぁ…よく寝た………。


んんっ、腰痛すぎる…


昨日はとてつもなく激しかった。


亜嵐が私の寂しさが消えるまで、


ずっとそばにいる。そんなこと


言ってたっけな。


………完敗。ずっと心の中で、


亜嵐と戦ってたのかも。


絶対好きにならない。なんてことで。


少し顔を上げると可愛い寝顔が。


………亜嵐の本当の顔は


一体どんな顔なのか。


まだ少し、隠されてる気がして


心がモヤモヤする。


ぎゅっと抱きしめてくれてる亜嵐の腕。


亜嵐の手の先には大きな火傷のあと。


私の過去を知ってる人なんて


陸と亜嵐くらいしかいないだろう。


亜嵐が受け入れてくれたときは


本当に嬉しかった。


そのくらいから、亜嵐の顔を見る度に


違和感を覚え始めたのかな。


自分の気持ちに気づくのが遅かったんだ。


………久しぶりに幸せを感じてる。


全部、亜嵐のおかげだろう。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
………んん、
…あなた??おはよ😊
あなた

…!?///
お、おはよ…


不意打ちの笑顔はずるい。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
腰、大丈夫??
あなた

あー、うん、
なんとか………。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
あんま痛いの隠すなよ??
隠そうとすると
余計変になっちゃうから‪w
あなた

う、うん、

白濱亜嵐
白濱亜嵐
んね、あなた。
もう、付き合ってるってことで、
いいんだよね……………??
あなた

………さぁどうだか。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
えぇー!!
いいじゃんいいじゃん!!
俺のあなたってことで
いいじゃん!!
あなた

えー…。


本当はそうだよって言いたい。


けど、私には


ハードルが高すぎる。
あなた

………じゃあ、そういうことで
いいんじゃない??


余裕っていうものを見せつけたい。


プライド高いのは相変わらず


変わってないな。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
もぉ~照れちゃって‪w
あなた

てっ、照れてない!!///

白濱亜嵐
白濱亜嵐
可愛い。

私の髪をわさわさし始める亜嵐。


い、犬じゃないんだから………///
白濱亜嵐
白濱亜嵐
さっ、ご飯食べよっ!!
今日も仕事だしね~‪w
あなた

………あ!!ほんとだ!!
それと今日、
昂秀とゲームするんだった!!

白濱亜嵐
白濱亜嵐
昂秀かぁ………妬いちゃうな。
あなた

ん?亜嵐なんか言った??

白濱亜嵐
白濱亜嵐
ううんなんも言ってなーい‪w

軽い朝食を食べて、


タクシーを拾ってLDHに向かう。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ね、会社入ったら
手繋ご。
あなた

………え??

白濱亜嵐
白濱亜嵐
お願いっ!!
あなた

………お好きにどうぞ。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
っしゃ!!

ほら、また冷たい。


こうしたくないのにこうなっちゃうの。


自分の性格を叩き直したいわ。


本当は嬉しいよ、亜嵐。


これを言える日がくるのは


いつになるのやら。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

えすたん.
えすたん.
しばらく小説おやすみします。 👊🐒🌈 ソ ル ト さん … 憧れの存在😇🔞 user/91adb9+ 🍑 … まるちゃん同盟👼 user/e996ba+ 🍓 … ありがとう。 user/db3ad1+ ごめんなさい。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る