無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

99
2021/07/14

第5話

ごー
かめら)よし、じゃあ永瀬くん布団に寝転がろっか
廉
はい
『廉が寝転がりしょうがうえに覆い被さり廉を顎クイする』
かめら)もう少し顔近づけて唇ほんっとにすれすれまで!
しょう
しょう
っはい
しょうside


っぁあ、、やばいな。
ちょっと照れてる廉が。
今は俺のうでのなかにいる廉が。

いとおしい、、
廉side

いやちかっ、はずっ、

だぁーー、他のことかんがえろ!
かめら)いい感じ!ちょっといろんな角度でキスしてる風でとってくよ!
廉
っはいボソッ
しょうside

こんな近いと廉の息がかかるっ、

ごめん、がまんできそうにない、、



そして俺はカメラマンさんたちに見えない角度で廉に口づけをした。
廉
っん
廉side

え、は、、ちょっとまて、、

俺、しょうにキスされてる、、?

っは!?
廉
っしょっ、
しょう
しょう
ッハァ。ごめん。こっちの方がリアルかなって思ったんだけどやっぱ、だめだよな、
しょうside

っおれ、なにやってんだよっっ!!

こんな嘘までついて、、


でも、廉の唇やわらかかった、な、、///
廉side


っ、仕事か。
そんためなら、しゃーないか。
かいと、ごめん、、
廉
いや、仕事のためやったんなら、
しゃーないで。大丈夫や。
しょう
しょう
ごめん。ありがと。。

って、廉?ここ、おっきくなってるけど、、
廉side


しょうにいわれてみてみると、
そこには、俺の大きくなったモノ、、
廉
っも、そーゆーんええから!