無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

109
2021/07/23

第7話

なーな
廉
っ、もうしょう!
なにしてんねん!
しょう
しょう
なにが?笑笑
廉
演技にしろ、限度があるわ!
しょう
しょう
そんなこと言いつつ廉、感じてたよ?
廉
カァ…////
そ、そんなことないわ!
しょう
しょう
かぁわいいボソッ
廉
てか、この体制どうにかしろや!
しょうside

そう。今の体制は楽屋のソファの上で
俺の足の間に廉が座っていて
俺がバックハグしてるじょーたい♥

衣装はまんまだから、俺上裸なんだけどねw
しょう
しょう
やだよ、寒いもん。
廉
服、きればええやん!
しょう
しょう
廉のがあったかいのー
海人
海人
ガチャ
海人side

俺はなんも知らないふりをして楽屋にはいった
海人
海人
え、廉たちなにしてるの、、?
楽屋のなかでも二人はくっついたまま。  

どうして、。廉。
しょう
しょう
見ての通りラブラブしてるー
海人
海人
っえ、
廉
っちょ、お前、なにゆってん。
てか、離せ。
しょう
しょう
やだよ笑笑
海人
海人
、、別にいいよ?
俺、気にしないし。
そういい俺は楽屋を後にした。

しょうにおこって廉は俺のもんだって言いたかったけど…

隠してるんだ。俺たちのかんけいを。
廉
っ、海人!
廉
マジ離せ。
誤解とかされたくない。
しょう
しょう
誤解?
…いいよ。離す。
廉
っ、海人待てって。
しょうside

そういい廉は海人を追いかけていった。

もしかして、好きなのかな…
たとしてもあげない。

まだ、俺のものでもないけど笑笑