無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
86
2021/07/29

第8話

はーち
廉
かいとっ、ちょまてって、!!
海人
海人
いやだっ!!
廉side

海人は走って俺から逃げている

俺がしょうとどうにかなるわけないのに、
何で、逃げんねん。

ってか、泣いてるやろ、、海人っ、
廉
まてって!!
海人side

廉から逃げていたけど、
追い付かれ腕を捕まれた
海人
海人
いたいっ、はなせっ
廉
海人、、
すると廉はなにも言わず俺を抱き締めた
海人
海人
やだっ、、はなせよ!
海人
海人
俺、楽屋のことだけじゃないんだよ!
見てたの!

撮影も見てたっ。
しょうに体さわらせて、感じてる廉をみてた。

しょうにキスをされてる廉も見た。
全部見てた。
廉
っ、それは、、
海人
海人
れんは、俺のこと好きなんじゃないんだよね。

だって俺だったら、
愛してる人がいたらその他の人になんか
絶対さわらせないもん。
廉
ごめん、、ごめんな。。
廉
けど、俺がすきなのは海人。

しょうを、ほんまに拒まんかったおれに非があるけど、
俺の気持ちはかいにしかないから。
海人
海人
っ、、でも、キス、してたもんっ涙
廉
っ、、海人。
廉
(キスをする)
海人
海人
!?
廉
俺にキス、されたくないよな。
もう。
海人
海人
っちがう、、
廉
ごめんな、、
海人
海人
もういいよ。わかったよ。
海人
海人
けど、もう、触らせないで…
海人
海人
それと夜ラブラブしたい…
廉
わかった。ちゃんと全部約束する。