無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

彼の優しさ。 🧡×❤️




桃赤このまま消滅したら

絶対橙赤推しになる自信ある((







































































り❤️さいど。













俺の彼氏は本当に優しい。
























いや、優しすぎる。

























だって、











り❤️くん
り❤️くん
じ🧡くん風邪ひいた
じ🧡くん
じ🧡くん
そっち行くわ







ほんとは俺が会いたかっただけ。



















でも、それもじ🧡くんは気付いて

俺の家に来てくれたみたい。


























































でも、

































じ🧡くんが優しすぎるせいで

俺が嫉妬しちゃうことも沢山ある。





















 






じ🧡くん
じ🧡くん
大丈夫ですか?





じ🧡くんはどんなひとにも優しいから

女のひととかと喋ってるだけで、

すっごく嫌な気持ちになる。



































だけど、俺が甘えるのは苦手だから…













じ🧡くん
じ🧡くん
り❤️愛してる
り❤️くん
り❤️くん
俺はちがう



思ってないことを言っちゃうときもある。




















じ🧡くん
じ🧡くん
じゃあ俺はな💜くんと
遊んでこよっかな…
り❤️くん
り❤️くん
っ…




じ🧡くんはたまにこーゆー意地悪をしてくる。



















り❤️くん
り❤️くん
ギュッ
じ🧡くん
じ🧡くん
ん、
り❤️くん
り❤️くん
だめ、行かないで



でも、こーやって俺が素直になれるから

これはじ🧡くんなりの優しさなのかもしれない。









































































アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
あれ、桃赤じゃないと
書けなくなってきたかも((((