無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

かまってちゃん 💗×❤️ ①












さ💗さいど



















り❤️くん
り❤️くん
さ💗ちゃああああん
り❤️くん
り❤️くん
ぎゅー//////
さ💗くん
さ💗くん
よしよしw












俺が、り❤️を甘やかすと。









り❤️くん
り❤️くん
えへへ//////






り❤️は幸せそうな顔をする。
























俺のものって感じがして嬉しい。



























































でもたまにね、











り❤️くん
り❤️くん
さ💗ちゃああああんッ
り❤️くん
り❤️くん
かまってー!!!
さ💗くん
さ💗くん
んーあとでね、
り❤️くん
り❤️くん
えぇ…









わざとそっけなくしたりする。






















そしたらさ、












すっごい落ち込んじゃうんだよね、













可哀想だけどさぁ、











あんな可愛い顔されたらやめられないよwww












り❤️くん
り❤️くん
むぅ、かまってよ!!
さ💗くん
さ💗くん
んー









でも、これをやっていいのは2回まで。































ずっと続けると泣いちゃうんだよw



















その泣き顔ですら、

俺からしたら愛おしいんだけどね。






































り❤️くん
り❤️くん
さ💗ちゃ!!
さ💗くん
さ💗くん
んー、おいで?





俺は腕を広げて、

り❤️を呼び寄せる。






















り❤️くん
り❤️くん
!?








かまってくれないと思っていたり❤️は

パァッと表情を明るくさせて、

俺の胸へ飛び込んでくる。






























さ💗くん
さ💗くん
り❤️、愛してるよ
り❤️くん
り❤️くん
俺もだし!///////












幸せな2人の日常でしたとさ!












































































アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
いつもと書き方少し変えた!
アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
こめください!!