無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

今からいくよ。 💙×❤️
初のしねた。







感動しないしねただから

親の前で見ても

「え?」

ってならないよ✨



















     





地雷はさよなら( *˙︶˙*)ノ"

































 

































こ💙さいど。









今日は彼女と付き合って3年記念日。























と言っても、この世には

いないんだけどね…。













僕は今、ここ屋上から

飛び降りる。
こ💙くん
こ💙くん
待っててね。
こ💙くん
こ💙くん
"り❤️くん"



























































–過去–











あれは、僕の誕生日の前の日のこと。











り❤️くん
り❤️くん
出掛けてくる!



 






そう言って、赤色の彼は

出掛けて行った。












僕はお腹が空いたのでごはんを買いに行く事にした。


















明日は楽しみだなぁなんて思っていたとき。















さ💗くん
さ💗くん
り❤️〜////
そこには僕の彼女の名前を呼んだ人。











なんだか嫌な予感がした。










り❤️くん
り❤️くん
ねぇ、さ💗くん酔ってる!?
さ💗くん
さ💗くん
酔ってない////チュ
り❤️くん
り❤️くん
っ////ねぇ、もう帰りなよ!
さ💗くん
さ💗くん
んー/////
酔ってるのかわからないけど、

キスをしていた。











なんで?









好きだったのは僕だけだったの?













そのあと、さ💗くんが帰った。










もうあんな彼女とは別れよう、










り❤️くんがそんなことするわけない。












とも思ったけど、




キスしているところを見てしまったんだから、







り❤️くん
り❤️くん
あ、こ💙ちゃん!!
こ💙くん
こ💙くん
ねぇ、別れよ?
り❤️くん
り❤️くん
っえ、なんで??
こ💙くん
こ💙くん
だってさ💗くんとキスしてたでしょ?w
こ💙くん
こ💙くん
僕のこと好きじゃなかったんだwww
り❤️くん
り❤️くん
え、待って。なんで!!
こ💙くん
こ💙くん
もう、り❤️くんの事なんて
大っ嫌いだからw
り❤️くん
り❤️くん
待って!話を聞いて!!
君は目に涙を溜めてそんなことを言う。
こ💙くん
こ💙くん
じゃあ、またね。


僕だって、好きだったのに。










































_____その時。











り❤️くん
り❤️くん
こ💙ちゃん危ない!!!
僕の彼女の声がした。










そして、もの凄い勢いで背中を押された。






























こ💙くん
こ💙くん
っえ?


目の前には

真っ赤に染まった彼。











今の状況が全然わからない。

















なんで???










なんで、好きじゃないはずなのに僕を助けた??











もしかしたら………。










































ピーポーピーポー











り❤️くんは救急車で運ばれた。











僕は、



なんであの時僕を助けたのか…。










それだけを考えていた。





























こ💙くん
こ💙くん
っさ💗くん、
病院に着いた。










そこには、さっきキスをしていた










さ💗くんがいた。











さ💗くん
さ💗くん
っあのさぁ、落ち着いて聞いて
欲しいんだけど、、、、、













僕が馬鹿だった。













あのとき、さ💗くんは酔っていたらしい。











り❤️くんは、僕への誕生日プレゼントを

さ💗くんに一緒に選んでもらってた

だけなんだって、、、、
















り❤️くんは何も悪くなかったのに…
















こ💙くん
こ💙くん
ごめんね、、、り❤️くん
こ💙くん
こ💙くん
愛しるよ…
り❤️くん
り❤️くん
俺も…
僕の大好きな声で小さく呟いたあと、










彼は息を引き取った。































































あのときの事は

悔やんでも悔やみきれない。











こ💙くん
こ💙くん
今から行くね。
こ💙くん
こ💙くん
僕の愛する人___。


































えんど。
アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
あああああああ
アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
やばい、結構頑張った
アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
色々おかしいところあるけど、
まぁ、許してね…。( ᵒ̴̶̷᷄꒳ᵒ̴̶̷᷅ )ピエン