無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

くち 💙×❤️
こ💙さいど。



ただいま、り❤️くんに冷たくしております










り❤️くんがツンツンしてるのが

悪いからね!!!














り❤️くん
り❤️くん
ねぇこ💙ちゃーん?
り❤️くん
り❤️くん
ちゅーして?
こ💙くん
こ💙くん
んー、
こ💙くん
こ💙くん
チュ


こーゆーときの君にはすっごく
いじめたくなっちゃう。










だから、ほっぺにきすをした。










り❤️くん
り❤️くん
なんで、口にはしてくんないの…
こ💙くん
こ💙くん
チュ
り❤️くん
り❤️くん
ん////
こ💙くん
こ💙くん
レロッ
り❤️くん
り❤️くん
んあ////んっ…////
こ💙くん
こ💙くん
クチュクチュ
り❤️くん
り❤️くん
ふぁ////んん/////
り❤️くん
り❤️くん
ハァハァ
り❤️くん
り❤️くん
舌入れるなんて聞いてないし!!
こ💙くん
こ💙くん
てかさぁ、り❤️くんて、
口ちっちゃいよね。
り❤️くん
り❤️くん
そおなのかなぁ
り❤️くん
り❤️くん
さ💗くんにも言われた〜
こ💙くん
こ💙くん
へえ
こ💙くん
こ💙くん
さ💗くんときすしたの?
り❤️くん
り❤️くん
えっ、ちがうよ!!
り❤️くん
り❤️くん
ただ、口ちっちゃいって言われただけ!
こ💙くん
こ💙くん
そんなり❤️くんにはお仕置きが
必要かなぁ、、、、


本当は、これが言いたかっただけなんだけどね、





















































ぼつ。










アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
短編は💙❤️多めになる予定〜!