無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

恋のライバル 💗×💙×❤️



赤受け






















































こ💙さいど。




















僕は今、さ💗くんの家にいる。

















少し恥ずかしいけど、恋愛相談してるところ。























こ💙くん
こ💙くん
僕さぁり❤️くんが好きなんだよね


恋愛として、











とはならないが



信頼している相棒だから思い切って話してみた。


















さ💗くん
さ💗くん
ふーん、なるほどね?











やっぱさ💗くんは頼りになるなぁ

なんて思っていたら、、、






























さ💗くん
さ💗くん
その恋応援できねぇわw
こ💙くん
こ💙くん
っは?


さ💗くんの言ったことが理解できなかった、













さ💗くん
さ💗くん
俺もり❤️好きなんだよねww




焦るような素振りを見せず、僕を見つめてくる。

























これが大人の余裕ってやつなのかな。





































さ💗くん
さ💗くん
まあ、お互い頑張ろーぜ、
こ💙くん
こ💙くん
負けないよ?w



















正直、り❤️くんを惚れさせる自信はないけど、











僕なりに頑張りたいなぁ_______。

































































































































アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
まさかの本人不在w
アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
こめくださーい!