無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

かまってちゃん 💗×❤️ ②
アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
リクエストいただいたので、、!!
























さ💗さいど。

















あれから数日。

















り❤️が少し大人しくなった気がする。























こっちだって寂しいけどさ、

こーゆーときの作戦も

俺は知ってるんだ。





































り❤️くん
り❤️くん
さ💗ちゃ…!





やっと名前を呼んでくれた、 






















なんて安心してはいられない。










さ💗くん
さ💗くん
んー、




押してだめなら引いてみるってやつ。































少し心が痛いけど、

俺にかまちょしなかったのを

後悔させるためだから。


























俺も悪い奴だなぁ、ww



















































り❤️くん
り❤️くん
さ💗ちゃんー!!
さ💗くん
さ💗くん
なにー








俺がこれをやるのは、

もう何回目だろうか。




















普通なら、

あ、また作戦か。













とか考えるじゃん??



















俺のり❤️はそんなこと考えないんだよねw





























そこがまた、

天然で可愛いんだけども。



































おっと、惚気てる場合じゃなかったねw
















り❤️くん
り❤️くん
さ💗ちゃ…





潤んだ瞳で俺を見つめるり❤️。























こっちだって、

理性を保つのに必死だからな💢






















り❤️くん
り❤️くん
グスッさ💗ちゃんひどい…





あー、泣いちゃったw





















ほんと、こいつの泣き顔って唆られるよな((

























り❤️くん
り❤️くん
かまってよ…









大きな目から、

ボロボロと涙を流すり❤️。

























流石の俺も耐えられなくなり、

こいつの小柄な身体を抱きしめる。


















り❤️くん
り❤️くん
もうさ💗ちゃんなんて嫌い…
さ💗くん
さ💗くん
よしよし、ごめんてw
さ💗くん
さ💗くん
俺は愛してるんだけどなぁw




安心したのか、

さっきよりもたくさんの涙を流す。

















り❤️くん
り❤️くん
俺だって愛してるし/////
り❤️くん
り❤️くん
ばーか!//////











たまにしか聞けない

こいつの不意打ちの愛の言葉。


































俺は一生こいつに振り回されるみたい___。















































































アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
以外と長めに書けた!!
アイコン触れないで((←
アイコン触れないで((←
感想こめんとどーぞ!!