無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

story 16
あなた

え、嘘!?声に出てたの!?

そらるさん
しかも無意識かよ!!ww(小声)
天月
結構なガチトーンでwww(小声)
ぶりぶり子
よくもまあ私のお友達を傷つけたわねっ!?
そらるさん
これで傷つくとかメンタル弱すぎわろたみたいな顔してるなw
天月
あwやっぱりそう思いましたか?ww
ぶりぶり子
しかも!!まふまふ様や坂田様、センラ様とお話して!!あの方たちは皆のものなのよ!!
2人
(自分が話せないからって嫉妬か。醜いな。)
ぶり子の取り巻き
そーだよ!あの方たちにあんたなんて釣り合わないのよ!!目障りだわ!!
あなた

え、いや、そんなつもりは………

ぶりぶり子
まぁ、いいわやって頂戴
そらるさん
え、おい…
あなたの後に鉄パイプを振りあげた人が立っていた
ゴンッ!!
屋上には鈍い音が響き渡った
天月
………え…?
状況を掴めていない天月が口から困惑を零した


ドサッ……
ぶり子たちが倒れたあなたを横目に笑いながら屋上を出ていった
そらるさん
おい!!おい!!あなた!!あなた!!
俺は真っ先にあなたのところへ駆けつけた
天月
ちょ、ちょっと!?!?ねぇ!君!!
つられて心配そうに天月もついてくる
そらるさん
保健室に運ぶぞ
天月
わ、分かった!
俺はあなたを抱えて保健室まで走った
そらるさん
くそっ、あの時俺が出て行っていれば……
天月
そらるさん……そんなに自分を責めないで…俺も同じだし……
ゴソゴソ
ヒラッ…
天月
ん、何だこれ?
綺麗だな〜
そこで手に取ったのは

────────純白の羽だった
そらるさん
(そう言えば、羽根があるってことまだ言ってなかった……)
そらるさん
お、落ち着いて聞けよ…?
天月
う、うん。。
そらるさん
実は────────
俺は天月に全てを話した。
本当はあなたの口から伝えて欲しかった。

だけど今はしょうがない。
天月
え、冗談でしょ?……そんな御伽話おとぎばなしみたいなことって…
やはりこのような反応になってしまうのか……
そらるさん
(無理もないよな)
そらるさん
俺も最初は嘘だと思った。けど本当のことなんだ
天月
そう…なんだ…
そらるさん
(まだ半信半疑ってとこか…)
そらるさん
(あなたには少し申し訳ないと思うが見てもらうしかないよな…)
そらるさん
まぁいい。保健室行ったら見せる。今も少し出てるからな。
天月
え、嘘。。。




ーーー保健室ーーー
そらるさん
失礼します…って誰もいないか
天月
ベットで寝かせてあげますか?
そらるさん
そうだな
天月
あ、そ、その……翼って…
そらるさん
あなたには少し申し訳ないが……。見ないと信じられないよな…。
そらるさん
ここだ。
そう言ってあなたをベットに横向きに寝させ、少し背中が腫れ上がっているようなところを指さす
天月
ほ、本当だ……。
あなた

ん、んん……

そらるさん
!?あなた起きたか?
天月
あなたちゃん?!大丈夫!?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
どうして雨は悪い天気と言われるのでしょうか 歌い手さん・実況者さん大好きです 雑食の極み そらまふもいいけどさ、そらろんも最高だよね! 復活して欲しいな…なんて いつもコメントしてくれる子、好きだよ(小声) フォロバして欲しい方は一言いただければします☆
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る