無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

story 29
ミカエル
ちゃんと友達とやらに言ってやれ
あなた

……え?

私は予想外の言葉に困惑が口から零れた
ミカエル
だから、ちゃんと友達に言ってやれ
あなた

で、でも心配かけたくないし………。

ミカエル
もしお前が手術をしない選択を選んだとする。いきなり死なれても相手は理解が追いつかないだろう。死ぬ前に発作が起きるかもしれない。

じゃあ、手術をするとしよう。手術するまでの時間はなんて言って学校を休む気だ?
あなた

……

ミカエル
どっちにしろ相手に心配をかける。それはしょうがない事だ。なら、あいつらを頼ってやれ。
あなた

で、でも迷惑だよ。きっと…………

ミカエル
俺なら一人で抱え込まれた方が迷惑だ。
あなた

…え?

ミカエル
一人で抱え込まれる方がこっちとしても嫌だ。だから迷惑だ。友達なのになんで頼ってくれないんだ、俺じゃ力不足か?そんなに頼りないのか?そう思うことになるだろう。
あなた

………

ミカエル
そういうことだ。明日全員集めて言ってやれ。そこから手術をするかしないか決めろ
それだけ言い放ち、ミカエル姿を消した

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
どうして雨は悪い天気と言われるのでしょうか 歌い手さん・実況者さん大好きです 雑食の極み そらまふもいいけどさ、そらろんも最高だよね! 復活して欲しいな…なんて いつもコメントしてくれる子、好きだよ(小声) フォロバして欲しい方は一言いただければします☆
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る