無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

story 11
あなた

よいしょっと

そう言い、立ち上がろうとした瞬間
あなた

え…

気付いたら、また尻もちをついていた
あなた

な、なんで?

となりの坂田。
お、おい?どうした?
次の瞬間、腰に異常な痛みを感じた
あなた

〜〜〜〜っ!?!?!?

まふまふ
どこか痛むんですか!?
センラ
大丈夫か!?
痛みに耐えながら私は
あなた

こ、腰が…すごく、痛い
あと、足に力が、、入んないのっ、、、

となりの坂田。
と、とにかく!保健室行くぞ!!
センラ
お、おう!
まふまふ
肩貸しますよ!
そう言いながら腕をグイッと引っ張り肩を貸してくれるまふくん
あなた

(あ、意外と男の子みたいに力は強いんだな…って今それどころじゃないや…)

まふくん達は周りの目を気にせずすたすたとあなたを連れて保健室に歩いて行った
ーーー保健室ーーー
となりの坂田。
失礼します!!
センラ
ちょ、他に人いたらどうするんや
となりの坂田。
そうやった…!!
まふまふ
あなたさん大丈夫ですか?
あなた

ん、まだ痛い

そらるさん
ふぁあぁ………あれ?あなた?どうしたんだ?
まふまふ
そらるさん!何でここに!
そらるさん
え、サボり
そらるさん
んで、あなたはどうしたの?
あなた

いやぁ、ちょっと、ね(作り笑い)

センラ
隠さんでいいじゃないですか?
となりの坂田。
そうやぞ。無理に笑うな
あなた

(うっ、さかたん鋭いな…)

あなた

えっと、まふくん達と教室に帰ったら女子達になんかコソコソ言われて、無視して机に突っ伏していたらいきなり椅子を蹴られて腰を痛めた。という感じですかね

まふまふ
もしかしてだけど、、、原因って僕ら?
あなた

(まぁ、違わないことも無いけど、、、、流石にその言い方は少し語弊があるかも)

あなた

いや、そんなことはないと思う。多分

となりの坂田。
でも、俺らと仲良くしてからそんなことされるんやろ?
あなた

まぁそうだけども。。。。

センラ
もうセンラ達が近づかないほうが良いんですかね……
まふまふ
そ、そうなのかな………
あなた

私がこれ以上目立たなければ、虐められるのはこれ以上 酷くはならないと思いますけど

センラ
(うぐっ…)
まふまふ
(うっ…)
となりの坂田。
じゃあ、関わらんほうがいいか……?(半泣)
私がどう返したらいいのか悩んでいると
そらるさん
おい、お前ら。それは間違ってんだろ。
3人
え?
不意をつかれたようで3人はぽかんとしていた
そらるさん
あなたは今''酷くはならない''って言っただろ。どういうことだと思うか?
センラ
えっと…
となりの坂田。
酷くは……
まふまふ
あ、無くなりはしない……ってことですか…?
そらるさん
御明答。その通りだ。だったらどうすればいいと思う?
となりの坂田。
お、俺たちで
3人
あなたを最後まで守りきる!
そらるさん
えらい。よく出来ました。
俺もできることならなんでもするつもりだ。
そらるさん
だからあなた、俺たちをしっかり頼れ
あなた

た、頼ってもいいんですか?
迷惑じゃないですか?

そらるさん
当たり前だ
となりの坂田。
勿論だぜ!
まふまふ
迷惑なわけないじゃないですか
センラ
逆に頼って欲しいです
あなた

ほ、本当?

ダダダダダダダダダダダダダダダダ




ガラッ!!!
全員
!?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
どうして雨は悪い天気と言われるのでしょうか 歌い手さん・実況者さん大好きです 雑食の極み そらまふもいいけどさ、そらろんも最高だよね! 復活して欲しいな…なんて いつもコメントしてくれる子、好きだよ(小声) フォロバして欲しい方は一言いただければします☆
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る