無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

story 5
あなた

はぁ、はぁ、、、、っはぁ

ドン!!
あなた

う、うわぁ!!ご、ごめんなさい!

うらたぬき
うおっ、あぁ、大丈夫だよ。君の方こそ怪我はない?
あなた

大丈夫です!ありがとうございます!それでは!急いでるので!!

うらたぬき
なんか、忙しい子だな……。
ってあれ?この羽はなんだろう。。。
まふまふ
あ!!うらたさーん!!!すごい走ってる子見ませんでしたかー??!!
うらたぬき
あぁ、今さっきぶつかったよw
あ、あとこの羽ってその子のか?
となりの坂田。
あ!やっぱりや!あなた絶対なんか隠してるやろ!
センラ
と、とにかく急ぎましょう!!
うらたぬき
待って!俺もついて行く!







ーーーあなたsideーーー
あなた

はぁ、はぁ………っはぁここまで来れば大丈夫かな?

???
そんなに息切らしてどうしたの?
あなた

え?

振り返るとそこには先客がいた
そらるさん
何かから逃げてきたの?
あなた

(う、意外と鋭いなこの人。。)

あなた

い、いや、なんか教室がうるさいなぁ〜って?w

そらるさん
ふーん
あなた

(な、なんなんだこの人は)
そ、そういうあなたはなんでここに?

そらるさん
俺?俺はちょっと昼寝に
ダダダダダダダダ   ガチャ
となりの坂田。
あ!やっぱり居たぞ!
まふまふ
さぁ!正直に話してもらいましょう!!
あなた

な、何でここを……!!

センラ
屋上に行くところの階段の前にこれが落ちてたんですよ
そう言いながらセンラさんが見せてきたものは

       ───────羽だった
あなた

うぐっ……。

みんなにバレないように背中をさすると、そこには羽が少し出てきていた。
うらたぬき
なぁ、さっきぶつかった時に落ちてたんだけどこれって君の?
あなた

(うわ、やらかした。。。)

あなた

ち、違いますよ!私なにも知りません!

センラ
じゃあ、なんで君がいる所によく羽根が落ちてるんですか?
あなた

だから知らないってば!

そらるさん
あー、もううるさいな〜。昼寝の邪魔だよ
まふまふ
あっ!そらるさん!いたんですね!
そらるさん
まふー、いたんですねじゃねぇよ
そらるさん
もうすぐで鐘が鳴るぞ。そろそろもどれお前ら。
となりの坂田。
ほんまや!次の時間の先生怖い先生や!!
センラ
急ぎましょう!!
みんなが急いで屋上のドアから出ていく中、そらるさんだけは動かないでこちらを見ていた。
あなた

な、なんですか?

そらるさん
いや、なんか背中に隠してるでしょ。
あなた

(!?な、なんでそれを)

そう思ったのも束の間で、そらるさんはこちらに歩いてきた。
あなた

ちょ、ちょっと何してるんですか

後退りしながら抵抗していると、背中にフェンスが当たった
あなた

(やば、もうこれ以上行けない)

そう悟った瞬間



ドンっ



そう。いわゆる壁ドンをされている状態だ。
あなた

な、何してるんですか。。。

そらるさん
確かめさせてもらうね
そう言いながらそらるさんは私の背中を触ってきた。
あなた

!?!?!?

驚きのあまり肩を勢いよくビクつかせてしまった。
そらるさん
ふふっw君面白いねww
そらるさん
で、これは何?羽?それも片方だけ?
あなた

(この人にはバレてしまった。しょうがない。ここは大人しく話すべきか。)

あなた

今からの話、聞くんだったら全て信じてくださいね?

そらるさんは覚悟を決めたように、
そらるさん
おう…。
と答えた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
どうして雨は悪い天気と言われるのでしょうか 歌い手さん・実況者さん大好きです 雑食の極み そらまふもいいけどさ、そらろんも最高だよね! 復活して欲しいな…なんて いつもコメントしてくれる子、好きだよ(小声) フォロバして欲しい方は一言いただければします☆
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る