無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

story 10
ーーー教室ーーー
あなた

よっしゃ1位!!

となりの坂田。
あぁぁああ!あなたに負けたぁぁああ!!!
センラ
あなたさん意外と速いんですねw
あなた

えw意外とってなんだwww

まふまふ
はぁ、はぁ、はぁっ………はぁ……み、んな、速いっ…て…
となりの坂田。
え?!息切れしすぎちゃう?www
まふまふ
僕は体力ないんですよ!!
あなた

まぁまぁ、そんなことよりまふくん大丈夫?wさっきもそんなに息切れしてたけどww

センラ
まあ、放っておけば大丈夫ですよ
まふまふ
ちょ、センラくん!?
あなた

www

ぶりぶり子
え、何あいつ。一緒にお昼食べてたってこと?
ぶり子の取り巻き
は?モブの分際でイキってんじゃねぇよ
クラスの女子
ザワザワ何あれ
クラスの女子
コソコソ絶対あれ調子乗ってるよね
あなた

(あ、やってしまった……。)

センラ
気にしなくていいですからね(耳打ち)
あなた

ふぁっ!?ちょ、ちょっといきなり耳の近くで喋るのやめてください!!

まふまふ
え?なに?あなたちゃん耳弱いの?(悪魔の笑み)
あなた

(クッソ!悪魔みたいな顔で笑ってやがる!)
別に?いきなりだから驚いただけだけど?

となりの坂田。
なになに?なんの話し?
あなた

あぁ、もう良いから!離れてください!そして席に着いてください!

センラ
良いじゃないですか。センラ達は席が近いんですから
あなた

そ、そうだけど!離れてってば!

ぶりぶり子
は?なんなん。見せつけてるつもりなの?
ぶり子の取り巻き
きっも
ぶり子の取り巻き
最悪じゃぁん
ぶりぶり子
(こうなったら…)
ぶりぶり子
まふまふくぅん♡何話してたのぉ?♡♡
まふまふ
え、いや。何も?
となりの坂田。
うわ(小声)
ぶりぶり子
えぇ??どぉしたのぉ?坂田くぅん♡
となりの坂田。
なんでもないなんでもない!!!(全力否定)
センラ
あなたさん、逃げましょう(耳打ち)
あなた

お、おう……(小声)

まふまふ
あ、ちょ!!
となりの坂田。
お、お前らっ!
そそくさと席に戻る2人
センラ
巻き込まれなくてよかったぁw
あなた

センラマンw逃げ足だけは早いですもんねww

二人で話していると………
ぶり子の取り巻き
センラくぅん♡♡お話ししよぉ??
センラ
うげっ
あなた

(あ、せっかく逃げたのになw)

センラ
ちょ、あなたさん…(チラッ)
センラ
(ね、寝てる!!!)
あなた

(ごめんよ、センラマン。わしはどうすることも出来ないんじゃ……。安らかに眠れ((殴 )

ぶり子の取り巻き
ちっ。寝てんじゃんコイツ(小声)
ぶり子の取り巻き
ま、寝てようが何しようが、目的は決行するがな。(小声)
センラ
(あーあー、全部聞こえてるんですけど?)
だが、あなたには聞こえてないのであった
あなた

(あ、やばい。ほんとに寝そう…)

そんな事を思っていたら……
ガタンっ!!
あなた

痛っ…!?

いきなりのことで何が何だかわかんなっていた。
あなた

な、何?

あなたは机に突っ伏していたのだが、今はしりもちをついた状態でいた。
あなた

(なんで私尻もちついてんだ!?)

センラ
大丈夫!?
まふまふ
ちょ、大丈夫ですか!?
となりの坂田。
おい、大丈夫か!?
あなた

痛たたたた……

少し冷静になり、周りを見渡すと
心配そうにこちらを見つめるセンラくん
ぶり子の話を無視しこちらに駆けつけるまふくん
まふくんにつられて心配そうに駆けつけるさかたん




そして──────
こちらを見てニヤニヤするぶり子の取り巻き達
あなた

(あ、この人たちが私の椅子を蹴ったんだな)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
どうして雨は悪い天気と言われるのでしょうか 歌い手さん・実況者さん大好きです 雑食の極み そらまふもいいけどさ、そらろんも最高だよね! 復活して欲しいな…なんて いつもコメントしてくれる子、好きだよ(小声) フォロバして欲しい方は一言いただければします☆
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る