無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

story 6
私は、今までのことを全て話した。
今朝見た夢のことも。夢の内容も。
あなた

前世が天使で、仲間を殺し罰として片方だけ羽根を切り落とされ下界に突き落とされた。ってことです。
ははは…正直信じてないですよね?w

次に返ってきたのは意外な返答だった。
そらるさん
いや、俺は信じるよ。お前のこと。
あなた

っ!!本当!?

そらるさん
あぁ、この羽を見たら嫌でも信じてしまうからな
あなた

(ただの厨二病って思われなくてよかった……)

あなた

あ、あの!これを言ったのは貴方が初めてで、出来ればと言うか絶対に人に言わないでくれませんか?

そらるさん
そのつもりでいたが。だってあんなに必死で逃げていれば隠してるって誰でも分かるだろ。
あなた

あはは〜…。そうですよね〜………。

そらるさん
俺は相談ならいくらでも乗ってやるが?
あなた

ほ、本当ですか!?

そらるさん
俺にしか言ってないなら俺にしか相談出来ないだろ?
あなた

ご最もです。。。

そらるさん
んで、もうすぐと言うかもう授業始まってるけど?どうすんの?
私は驚きのあまり固まった体を無理やり動かしロボットのような動きで腕時計を見たら授業真っ只中の時間をさしていた。
あなた

ド、ドウシヨウ。。。

そらるさん
俺はまだここにいるけど?一緒にサボる?
あなた

ダ、ダイジョウブデスカネ?

そらるさん
知らね。
あなた

なんて無責任な。。。

だが、今更戻っても絶対ににあの人たちに会うし授業中寝るのは変わりないのでここで時間を潰すことにした
そらるさん
羽の件どうするの?
あなた

どうしましょう。。。家で鳥なんて飼っていないし。

そらるさん
戻す方法は知らないの?
あなた

あ、それは落ち着けば戻るんですけど朝は興奮?したりすると出てくるのかな?って思っていたらそうでなくて出てくる条件は未だにわかんないです。

そらるさん
そーか。。。
あなた

取り敢えず、今日一日は落ち着いて行動してみます。。

そらるさん
ああ、そうしろ
あなた

あの、宜しければお昼を一緒に食べませんか?

そらるさん
ん。いいよ。ここで待ってる。
あなた

や、やった!!

私はまだ知らなかった。
この後、こんなにもめんどくさい人''達''と関わっていただなんて

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
あめつぶどろっぷ-雨粒飴-
どうして雨は悪い天気と言われるのでしょうか 歌い手さん・実況者さん大好きです 雑食の極み そらまふもいいけどさ、そらろんも最高だよね! 復活して欲しいな…なんて いつもコメントしてくれる子、好きだよ(小声) フォロバして欲しい方は一言いただければします☆
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る