無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

293
2021/06/11

第13話

⇣13話⇡

江戸川 「それは自分の口から話した方がいいン
    じゃない?仙崎家のお嬢様?」


そう言ッて乱歩さんはあなたを指さした


あなた 「………お見通しでしたか…」


太宰 「!あなたちゃんが?!」


あなた 「……話せば長くなりますが…」


江戸川 「僕は大体分かるけど皆に話した方がいいよ」


江戸川 「皆〜!」



乱歩さんが探偵社社員を呼ンだ



中島 「乱歩さんか人を集めるなンて…お買い物ですか?」


国木田 「それか、雑用ですか?」


与謝野 「もしかして、電車の事かい?」



江戸川 「ち〜が〜う〜!!
もう!皆僕を何だと思ッてるのッ!!」


江戸川 「あなたちゃんからお話だよ」


あなた 「……実は…」


あなたちゃんは俯いて話し出した