無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

315
2021/06/09

第11話

⇣11話⇡

in探偵社




太宰 「戻ッたよ〜♪♪」



中島 「太宰さん!あなたさん!おかえりなさい!」



あなた 「…た、ただいまです」



太宰 「まだ、ただいま…は照れくさいかい?」



あなた 「ふふ。よくお分かりで」



中島 (!!仲良くなッてる?!)



ナオミ 「!!!!!」→ニッコニコ



太宰 あ、り、が、と、う→口パク


中島&ナオミ →ニコニコ



国木田 「あ、おい!太宰。あなた。仕事だ!」



あなた 「承知です」


太宰 「メンド(((…はーい」





ーーーーー



in 応接間







太宰 「初めまして。太宰です」


あなた 「お茶です。どうぞ。」




? 「どうも。?です」







あなた →ビクッ









…あれ。気のせいだろうか…

あなたちゃんが反応したような…?



太宰 「今回はどういッたご要件で?」



執事 「私は…仙崎家で働く執事です。
今日は当主…仙崎様の代理でございます」


執事 「依頼というのは…
仙崎家にはお嬢様が居られるのですが
何年か前から行方不明なンです」




太宰 「お嬢さんを探してほしい…と?」



太宰 (警察を頼らないッて事は…何かあるかな…)


太宰 (それに加え…何年もなンて……)



執事 「ええ。この写真の…」


渡された写真は
顔が布で隠れている幼い少女だッた


太宰 「……?顔が見えない…?」



執事 「えぇ。私達のような者には顔は知られて
いない方なのです」



執事 「ですから、この写真の特徴からお願いします」


太宰 「……じゃあそれは乱歩さんの異能力かな…」


太宰 「乱歩さーん!」


江戸川 「んぁーい!」→モグモグ