無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

304
2021/06/10

第12話

⇣12話⇡

太宰 「依頼主さんのお嬢様の居場所をお願いします」


江戸川 「んぇー…ゴックン
今気分じゃないからなぁ」


太宰 「……でもッ!今は優秀で天才で名探偵の
乱歩さんの力が…必要なんですッ(((((」


江戸川 「…まぁ。僕は名探偵だからねッ!」



江戸川 「異能力! 名推理!」














太宰 「…どうです?」






江戸川 「………………」





江戸川 「分かッたよ!」




あなた →!!



明らかにあなたちゃんが動揺した
うん。、これは何かあるな。。。




江戸川 「でも、この場所は探偵社の社員にしか
分からないから、探してくるのは探偵社に
任せてよ!」




そんなもの…存在しない

乱歩さんが言わないと言うことは余程なにか
理由があッたんだろう



太宰 「あ〜!成程。では執事さん、後日ご連絡しても?」


執事 「……………2日です」



執事 「2日以内で探し出せるのなら。お願いします」



江戸川 「はーい!じゃあ、またね〜!!」
→強引に追い出す









太宰 「で…乱歩さん。何が分かッたンですか?」