無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

467
2021/05/22

第2話

⇣2話⇡
⚠︎太宰さん目線


ーーー何週間か前ーーーー



中島 「あなたさんッて
仮面と手袋いつもつけてますけど
花粉症とかアレルギーなんですか?」


あなた 「………んー…そうですね
そういう事にしておきます」


中島 「え〜!気になる…!!」



彼女はあなた。

いつも仮面と手袋をしている不思議な女の子


口数も少ないから
好きか苦手か言ッてしまえば苦手だ

そして…森さんのお気に入り


彼女は元マフィアで


ずッと森さんの隣に無言でいた



話したことも無いし
仮面をとッた所も見たことがなかッた




マフィアの情報は元幹部だから色々知ッていたけど
唯一知らないのは彼女の異能力だけだッた



でもある日




探偵社の社長があなたを “道で倒れていた “

と連れてきたのだ


私はすぐにマフィアに連絡しようか迷ッたけど


彼女は私の事を覚えていたのか


あなた 「…あそこには…連絡しないでください。」


と私を睨んでた


これが…私とあなたの初めての会話だッた



私が気になる異能力の彼女は


未だに異能力を人前で使おうとはしなそうだ