無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

427
2021/05/24

第4話

⇣4話⇡
今日は彼女が入社して約2日目

未だに異能力を使う気配はない

だから今日は彼女の行動を観察してみようと思う
探偵社の社員との関係とか…?

今日は暇だし(((((


あなた 「敦さん。敦さん。」


中島 「どうかしました?」


あなた 「何か仕事はないでしょうか?」


中島 「そうですね…あ、昨日渡した書類は?」


あなた 「もう終わッてます」


中島 「は、はやい…!
では…探偵社の掃除は…」


あなた 「早朝に済ませました」


中島 「……乱歩さんの駄菓子の買い出しは…?」


あなた 「先程終わらせました」


中島 「………怖い」


あなた 「?」


中島 「国木田さんッ!!あなたさん…凄いです」


国木田 「あぁ…俺もびッくりしている
昨日の追加の書類も全て終わッてる」


国木田 「今日はもうすることが無い…」


中島 「!!あの量を1人で?!」


中島 「……あなたさん…昨日…寝ました?」


あなた 「寝ました」


中島 「……スゴ……」


彼女は仕事ができる人間らしい

私の分も終わらせてくれてるみたいだし☆→?


国木田 「太宰!お前も仕事しろ!!!」


太宰 「エッ!今忙しい!!!」


国木田 「何処がだッ!
それに今日までの書類はどうした?!」


あなた 「…終わらせました」


国木田 「…?太宰の書類もか?」


あなた ( ゚ー゚) ( 。_。)コクリ


国木田 「……本当だ…完璧に終わッている…」


中島 「…ヒェ…」


あなた 「?」


彼女はすました顔で大量の仕事を終わらせていた


そして…


やっぱり私とは一言も話さなかッた