無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

360
2021/06/07

第9話

⇣9話⇡

あなた 「私の…異能力は」





あなた 「食べた人間の異能力を自分の力にできる異能力」







あなた 「つまり…食べれば食べる程…私は強くなる」







衝撃の事実に 言葉が出なかッた






そんな異能力…聞いた事もない








ましてや、そんな強力な異能力がある事を知られたら彼女は “危険人物として消される” だろう


それか


魔人…






フョードル・ドストエフスキーが好むような異能力だ





嗚呼






成程




やッと今……疑問が全てつながッた





あなた 「…怖いでしょう…?恐ろしいでしょう?」




あなた 「私は自分が怖いンです」




あなた 「食べれば食べる程…私が私でなくなッてしまいそうで」



あなた 「だッたら食べなきゃいい…と思うでしょう?」




あなた 「……1ヶ月食べないと
無差別に人を襲ッてしまうンです」



あなた 「……醜いなぁ……自分が怖いです…」







どんどん自分の事を話していく彼女に


どンな言葉をかければいいンだろう…?




泣きそうで…辛そうな彼女に








なンて言ッたらいいのか分からなかッた