前の話
一覧へ
次の話

第9話

8話
478
2020/03/06 12:56



" 転校生の パクジミン君 だ。"


" みんな、仲良くするように "









全校集会で紹介された転校生は瞬く間にみんなの話題の中心となった。



みんなが口を揃えて パクジミン というワードを出す。



私は一体どんな人なのかもしらない。



まぁ、学年がひとつ上だからこれからも関わることなんて無さそうだ。



私はいつも売店で昼食を書い、友達と食べている。



🐻「あなたや〜!!」



そう言って私のところに来るのは、入学式の時に仲良くなった カンスルギ だ。



『するぎ!!こっちこっち!!』



私はいつも席をそうしてとっている。




だから、そこにするぎが座る。




🐻「ごめんごめん、今日委員会の仕事ちょっとあってさ〜、遅くなってごめんな!!」




そう言って顔の前で手を合わせるするぎ。




『いやいや、大丈夫だよ笑 おつかれ〜』




私がそう言うと、するぎもニコッと笑った。




そこに




🦄「あなた、スルギや!!」



🐰「よっ」



そう言ってやって来たのはヒュニンカイ、ジョングク達だった。


いつも私達は、昼食をこのメンバーで楽しむ。


それにしても、ヒュニンカイとジョングクを見ていると


とても不思議な気持ちになる。



ヒュニンカイは、どちらかというと楽観的で平和主義、ジョングクはどちらかと言うと喧嘩っ早いし………この2人にどんな共通点があって一緒にいるのかよく分からない。



今日も4人で食べる昼食の時間を楽しんだ。
















































🐥「………あれが あなた ね」








next



プリ小説オーディオドラマ