無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

123
2021/06/19

第7話

番外編2 お菓子作り
皆さんこんにちは!
番外編という事で
前回の終わりにあなたが言ってた
お菓子作りの場面を書き出したいと思います!
って、ショッピくんに釘刺されてんだよなー...
でも、ちゃんと皆出してあげるって言ったし
ま、大丈夫っしょ
うん、きっと大丈夫(自己暗示)
ショッピ
ショッピ
クソ主?(ニッコリ)
主
あの、はい。
なるべく早くに出すんで
許してください。🥺
ショッピ
ショッピ
ゾムさーん!!!
コイツ外食に連れてっちゃってください!!
ゾム
ゾム
おkー任せな!
主
((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア
ゾム
ゾム
まてゴラァ!
主
ゾムさんの食害受けてみたかったけど!!
絶対にヤバいやつだもん!!
イヤァァァァァァァァ!!!!!
ゾム
ゾム
俺から逃げれると思うなよ?
連れ回すからな♡
主
うっ...可愛い...
さすが私の最推し...
主
って、違う逃げないt...
ゾム
ゾム
オラァ!捕まえた!
主
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
その後の主を見た物はいなかった。
本編
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ー次の日の朝ー
ピピピッ
カチッ
自分
自分
ふぁぁ...よく寝たぁ
自分
自分
んんーっ
なんか昨日めちゃくちゃ泣いたけど
そのおかげでスッキリしてる✨
自分
自分
出来たてのお菓子の方が喜ばれるよね
自分
自分
クッキーとあと何か...
うーん、好み聞いとけば良かったー(´;ω;`)
自分
自分
あの3人のイメージカラー...
自分
自分
あっ!
自分
自分
トントンさんは赤って感じするから
イチゴで
自分
自分
エーミールさんはなんだろ...茶色かな
ってなると、ナッツ類な気がするから
アーモンド
自分
自分
ロボロくんはピンクって感じするから
桃かな!
自分
自分
それでパウンドケーキ作ろう!
自分
自分
足りない材料はーっと
粉類はあるし
無いのは果物とナッツか!
自分
自分
パッと買いに行ってこよう!
爆速で着替えてスーパーへGO






少し経って
帰宅。
自分
自分
私テンション高すぎない?
買い物が瞬で終わったww
自分
自分
とりあえず、作っちゃおー!
いつも通りにあなたはお菓子を作り進めます。
気分がいいからか
いつもより手際がいいみたいです
自分
自分
ふんふんふふーん♪
しばらくして
クッキーとパウンドケーキの生地が出来ました
後は焼くだけです
自分
自分
これでよしっと
自分
自分
なぁんか...
クッキー作りすぎた...!?
自分
自分
まぁ、食べきれなかったら
回収しよう
保存がいつまで効くか分からない物を
渡す訳にはいかないし💦
自分
自分
とりあえず、焼いちゃおう!
自分
自分
まずは先にクッキーを...
あなたがクッキーを焼き始めると
家の外一帯の空気が
一気にいい匂いに包まれました。




ーその頃他のメンツはー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4人side
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
コネシマ
コネシマ
ん?(クンクン)
なんかめっちいい匂いせん?
ショッピ
ショッピ
え?
あ、本当だ
シャオロン
シャオロン
誰か焼き菓子でも作ってるんかな?
チーノ
チーノ
めっちゃいい匂いしてますね
優しい感じがして落ち着きますわ
コネシマ
コネシマ
この匂い、あなたん家からじゃね?
チーノ
チーノ
マジすか!!
え、めっちゃ食べたい
ショッピ
ショッピ
俺もちょっと気になりました
シャオロン
シャオロン
焼き菓子好きなんだよなぁ
今度頼んで作ってもらおうかな
コネシマ
コネシマ
それええな!!
今度頼みいこーぜ!!
ショッピ
ショッピ
くそ先輩なクセにいい事言いますね
そうしましょう
チーノ
チーノ
コネシマさんそれいいですね!!
シャオロン
シャオロン
発案ないすー!
ええな!行こ行こ!
コネシマ
コネシマ
そろそろ名前で呼んでくれや(白目)
〜〜〜〜〜〜〜
3人side
〜〜〜〜〜〜〜
鬱先生
鬱先生
えらい良い匂いせんか?
ゾム
ゾム
言われてみれば確かに
ええ匂いやな
ロボロ
ロボロ
一体誰がー...
ロボロは昨日の事を思い出した
ロボロ
ロボロ
あー、なるほどね
鬱先生
鬱先生
ん?なんやロボロ
何か思い当たる事あるんか?
ロボロ
ロボロ
あなたさんな、昨日お菓子作りが好き
ってゆーてたんよ
ロボロ
ロボロ
だから作ってるんやろうなぁって
ロボロ
ロボロ
(今日一緒に勉強すること言ったら
絶対来るっていうよなー...黙っとこ)
ゾム
ゾム
そーなんねや
俺ちょっとあなたの作ったお菓子気になるなぁ
鬱先生
鬱先生
俺も!
絶対美味いやつやもん
食べてみたいわぁ
ロボロ
ロボロ
俺もー
(勘ぐられるのめんどいから合わせとこ)
ゾム
ゾム
お前、何か隠してへんか?
ロボロ
ロボロ
なんでよ
ゾム
ゾム
なんか様子がおかしい様に見えたから
ロボロ
ロボロ
なんも隠してへんよ?
(さすがゾム...勘がええな)
ロボロ
ロボロ
(話そらさんと)
ロボロ
ロボロ
今の授業若干理解しきれてなくてさぁ...
今それが気がかりやねん...
鬱先生
鬱先生
なるほどな
それはちょっと焦るわな
ゾム
ゾム
ふーん...
ロボロ
ロボロ
(なんとか誤魔化せたかな...
ゾムの勘の良さどーにかしてくれ(白目))
〜〜〜〜〜〜
2人side
〜〜〜〜〜〜
エーミール
エーミール
お、めちゃめちゃええ匂いしてますね
エーミール
エーミール
トン氏が何か作ってるんかな
エーミール
エーミール
トン氏ー?
タンタンタン(リビングへ向かう)
トントン
トントン
エミさんおはよう
俺呼んでたよね?どないしたん?
エーミール
エーミール
いや、ええ匂いしてたから
トン氏が何か作ってるのかと思って
トントン
トントン
俺なんも作っとらんよー
トントン
トントン
多分あなたさんやな
昨日お菓子作ってくれるゆーてたから
エーミール
エーミール
あぁ!
そういや言ってましたね!
本当に作ってきてくれるんだ...
エーミール
エーミール
本当に優しい方やなぁ
トントン
トントン
やろ?
あの子本当にいい子なんやって
エーミール
エーミール
分かりましたってw
あなたさんのお菓子楽しみですね
トントン
トントン
せやな
絶対美味いもん
エーミール
エーミール
トン氏はあなたさんから貰った物なら
全部美味しいって答えそうw
トントン
トントン
当たり前やろぉ!?
好きな子が作ってくれた物やで!?
※無意識に言ってます※
エーミール
エーミール
...トン氏...
やっと自覚持てたんですね
トントン
トントン
え?
エーミール
エーミール
え?
トントン
トントン
俺なんか言ったか??
エーミール
エーミール
無意識!?
嘘でしょ(白目)
トントン
トントン
俺なんて言ったんだよおおおお!!!
エーミール
エーミール
いや、知らなくていいですwww
トントン
トントン
エーミールーうううううううう!!!!
エーミール
エーミール
うわぁ!!www
そんな怖い顔でこっち来ないでくださいよ!w







各家で何が起こってるのかを知る由もないあなたは
クッキーを次々と焼き終えました。
自分
自分
お!今まで作ってきたクッキーの中で
1番焼き色良い!!
嬉しすぎる(´˘`*)
自分
自分
残すはパウンドケーキのみ!!
さっ、焼いちゃおっと♪
クッキーを焼き終え
最後にパウンドケーキを焼き始めたあなた。
そうすると
さっきまでクッキーの焼くいい匂いが
あっという間にパウンドケーキの
優しい甘い匂いに変わります。
全員
全員
食いてぇ!!
皆各々の家に居るはずなのに
綺麗にハモるという奇跡。


なんじゃこれ(白目)
つか、この枠がツッコんだらダメでしょ(白目)
コホン...気を取り直して
〜数十分後〜
自分
自分
焼けた!!
うん、良い焼き色♪
全部成功したの久しぶりすぎて嬉しい(´˘`*)
自分
自分
クッキーはラッピングして
パウンドは飾り付けしてー...
自分
自分
完成っっ!!
自分
自分
喜んでくれるかなー♪
無事にお菓子が完成した事で
とても喜んでいるあなた。
さぁ、トントン達は喜んでくれるのでしょうか!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番外編2 終了


いやぁ、妄想楽しいですね!!
書いててにっこにこですよもう。はい。
自己満小説たのすぃいいい!!!!!
さてさて
いつもより上手く焼けた事で喜んでいるあなた

そんなに浮かれてて大丈夫でしょうか?
何か事故が起きなければいいですけどね.....
ロボロ
ロボロ
主やっほー!
主
あっ!ロボロさん!
こんにちは(´˘`*)
ロボロ
ロボロ
遊びに来たで!
ロボロ
ロボロ
ってか、ゾムから逃げるの大変やったんやぞ!
ロボロ
ロボロ
あいつめちゃくちゃ勘が鋭いんやからぁ...
あーもー怖かった
主
ごめんごめんヨシヨシ( ´。•ω•)ノ"(っ <。)
ロボロ
ロボロ
しゃーないなぁ
って、子ども扱いすんな!!!
主
いやごめん、ついついw
身長低いかr
ロボロ
ロボロ
ゾム呼ぼか?
主
ゴメンナサイ
ロボロ
ロボロ
て言うか
今回場面ちょっとやけど
全員出たやん!!
ロボロ
ロボロ
ちゃんと有言実行してて偉いな
主
ちょっと頑張ったのw
ありがとう(´˘`*)
ロボロ
ロボロ
次回の主にも期待やな
主
いやちょ、それは勘弁しt
ロボロ
ロボロ
それじゃああなたさん!
次回また会おーねー!(くい込み気味)
主
えええええ!マジかww

ここまで読んでくれて
ありがとうございました!
次回も宜しくお願いしますね(´˘`*)