無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

きゅう。
藍沢
(1年前の結果を見る。)
白石
どう?
藍沢
……この時見落としたのか…
ここの黒い小さい点見えるか?
白石
うん。
藍沢
これが大きくなって今回のことになったのかもしれない。
白石
え、じゃあ……
藍沢
この時に見つけていれば、後遺症は残らなかった。
白石
……あなたにはなんて言う?
藍沢
事実を言うしかない。
白石
そうね…


病室☺
白石
あなた、落ち着いて聞いてくれる?
あなた

う、うん。

藍沢
1年前、ここで検査受けたの覚えてるか?
あなた

覚えてるけど、

藍沢
その時に検査した時、小さい点が写っていたんだ。それを見逃していた。それが今大きくなってまた頭が痛くなったんだ。手術をしないと助からないかもしれない。でも、手術をしたら後遺症が残るかもしれない。
あなた

え……

藍沢
手術受けるか?
あなた

でも、受けたら後遺症っていうのが残るんだよね?

藍沢
ああ。
あなた

ちょっと考えてみるね。

藍沢
そうか。考えたらまた教えてくれ。
あなた

うん。


あなたはそれから1時間かけて考えた。考えた結果、手術を受けることになった。