無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ご。
白石
結果どうだった?
藍沢
特に異常はなかった。
白石
良かった😊
藍沢
家で様子見たら、痛みもおさまると思う。
白石
分かった。じゃあ一旦家帰るね!
藍沢
おう。
病室を出てあなたの所に向かう。
白石
あなた!何も異常なかったって!家帰ろっか
あなた

…うん😊

白石
…??あなた?大丈夫?
あなた

え、うん。大丈夫大丈夫😊寝たら治るんでしょ?

白石
うん、耕作はそう言ってたけど……
あなた

うん、治る……だ…いじょう……ぶ……

白石
あなた?!
この時、あなたは意識が朦朧としている状態だっ

た。でも、寝たら治る。と言い聞かせていた……


医局にて☺ ドタドタドタ🐾 ガチャ🚪
緋山
うわ、びっくりしたー 何、どうしたの?
白石
あなたが……
緋山
何かあったの?
白石
半分意識ないみたい…… あなたからは聞いてないけど……
緋山
藍沢、今脳外の方いると思う。
白石
ありがとう。
白石は脳外に向かった。

脳外科医局☺ ドタドタドタ🐾 ガチャ🚪
藍沢
?!なんだ?
白石
あなたが…意識朦朧としてるみたい…
藍沢
なんでだ?異常なかったぞ
白石
でも…
ガチャ🚪
あなた

ママ…もう大丈夫。

白石
……
藍沢
1回家帰って休んだ方がいい。検査は何回やったって一緒だ。
白石
…そうね。
その後、あなたは白石と一緒に家に帰って寝た。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆ め
作者です!
小説のリクエスト、ありがとうございます︎💕︎使わせていただきます!コメント、♥またまたよろしくお願いします🙇💕