プリ小説

第8話

仲直り
休み時間になるとあなたはじゅんのクラスに行った。
私
じゅん。ちょっといい?
じゅん
じゅん
分かった。
そして誰もいない所で話した。
私
本当にごめん。
じゅん
じゅん
俺の方こそ。あなたは何も悪くないのに。
私
じゅんの気持ち分かってあげられなかった。それに、じゅんが1番私の事分かってるのに隠し事までした。
じゅん
じゅん
だからあなたは悪くない。
私
悪いよ。私は悪い。本当に最低だよ。
じゅん
じゅん
...
私
じゅんの気持ちには応えられない。
じゅん
じゅん
いいんだよ。ただの片思いだから。
私
帰りも一緒に帰れなくなる。
じゅん
じゅん
先輩と?
私
うん。
じゅん
じゅん
あなたはあなたのしたいようにやればいい。俺は邪魔したくない。
私
ありがとう。
じゅん
じゅん
うん。
私
じゃあ行くね。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐥ピヨ助🐥
🐥ピヨ助🐥
韓国好きの04line. SEVENTEEN / WJSN / NCT / gugudanなど...
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る