無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
2,082
2020/07/17

第71話



次の日の朝


私はいつもと変わらない朝だった。






ジョンハン
ジョンハン
おはよう
u
おはよ〜
ジョンハン
ジョンハン
今日の予定は?
u
ご、午後から友達に会うの!
ジョンハン
ジョンハン
ふ〜ん、それって



いつも見抜かれる

私が見透かされてる。




ジョンハン
ジョンハン
どんなお友達かな?
u
ジョンハン
ジョンハン
テヒョナだったら反対
u
えっ…
u
なんで…
u
なんでテヒョンさんはだめなの?
ジョンハン
ジョンハン
それは…



すると後ろから足音がした。







ホシ
ホシ
おはよー
u
お、おはよう…
ホシ
ホシ
あなた?ハニヒョン?
ホシ
ホシ
なんかあった?
u
べ、別に…!
u
なにもないよ!




私は早めに準備をして11:00に家を出た。







u
時間潰さなきゃ...



カフェに寄って一段落してから駐車場に向かうと




車の近くで待っている人がいた。




u
ど、どうも…
テヒョン
テヒョン
あなた、待ってた
テヒョン
テヒョン
行こう?
u
どこに…
テヒョン
テヒョン
ふたりでデート
u
デート?
テヒョン
テヒョン
ほら、乗って!





車に乗せられ


彼が運転席に。





横顔、本当に綺麗。




テヒョン
テヒョン
見とれてた?
u
そ、そんな…
テヒョン
テヒョン
あなた、敬語じゃなくていいよ
u
でも…
テヒョン
テヒョン
じゃあ、もう使わないで?
u
わ、わかった






着いたのは

誰もいない海辺。






u
綺麗…


海風が心地よくて

なびく髪を耳にかけた。



テヒョン
テヒョン
それ…
u
えっ?
テヒョン
テヒョン
そのしぐさ、好きだよ
u
は、はい…
テヒョン
テヒョン
座ろっか



海から少し離れて座った。


テヒョン
テヒョン
あなたはウジと付き合ってて楽しい?
u
もちろんㅎ
テヒョン
テヒョン
どんなところが?
u
私を安心させてくれて、
優しく包み込んでくれるところかなぁ
テヒョン
テヒョン
ねぇ、あなた
テヒョン
テヒョン
俺と付き合おう?
u
な、何言ってるの?急だねㅎ
テヒョン
テヒョン
俺、やっぱりあなたのこと忘れられない
u
忘れられない?
テヒョン
テヒョン
ごめん、、むりッ
u
んッ、テヒョンさっ…!



唇が触れた。


触れてしまった。



何を私と重ねたんだろう。




どうして。

なにが忘れられないの?