無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

🌙
ジミンside



あなたがいなくなってなら何に対しても無関心になった気がする



やっぱり俺にはあなたが必要なんだよ……




病院の先生「あなたさんからお預かりしていたものです」
ジミン
ジミン
……ありがとうございます
家に帰ってから見ることにした





ジミンへ


ジミンごめんね。ジミンに教えたら毎日が壊れちゃうんじゃないかと思って


教えれなかった。ジミンと再開できた時すごく嬉しかった!昔とは違って


男の子らしくなっててびっくりしたよ笑 少しだけドキッとしちゃってた笑


最初はなかなかテヒョンと仲良くなれてなかったよね。でも、最終的に仲良く


なれてて安心した。そういう所は昔から変わってないんだなぁって思った。


私の事助けてくれてたよね。人見知りな私に優しく接してくれて、、、


すごく嬉しかった。ジミンに恩返ししたかった。私がいなくなってからのジミ


ンは何に対しても無関心になってるんじゃない?笑 違うかな?もし、そうな


ってたらいつもみたいに糸目で笑ってみて。そうすれば少しずつ治ってくると


思うから。ジミンにはずっと笑っていて欲しい。ジミンのその笑顔が大好きだ


っから。ジミンの笑顔を見ると安心出来たから。ジミン、幼なじみとして大好


きだったよ。終わり方おかしくなったけど許してね笑


あなたより。
ジミン
ジミン
あなた、、、、
他にはアルバムと紙が入っていた
ジミン
ジミン
これって
アルバムは昔の僕達の写真と再開してからの写真で作られていた


ジミン
ジミン
流石あなただな泣
もう1つの紙には

「この手紙を見たらあの場所に集合!」


と書かれていた
ジミン
ジミン
あの場所か
僕はあの場所に向かって走っていた