無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

①仲間
「キャハッ!」「きゃー」「待てよー」
学校の門を入ると、運動場から子供たちの遊ぶ声が聞こえてくる。
トン·····トン·····トン·····
いつもの様に重い足取りで三階までの階段を歩いて行く。
「ガラッ」
私は肩が外れそうなくらいに重いランドセルを自分の机に置いた。
、のと同時に後ろの方から声が聞こえてきた。
??))わーーー·····!私の机に勝手に邪魔なランドセル置きに来たーーー·····!
私は一瞬こんがらがった。
早野 由香里
早野 由香里
え?これ、私の席·····
その言葉は私の言葉をさえぎる様に耳に飛び込んで来た。
??))分からないんですかーーー!?今日席替えなんですけどーーー!?
早野 由香里
早野 由香里
あっ·····
私はしまった。と思った。
早野 由香里
早野 由香里
💭また、嫌われてしまう·····
早野 由香里
早野 由香里
す、すみません·····
私はまた、重たいランドセルを肩に下げて座席表を見に行った。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
私が席を間違えた日から一週間後·····
??))ねー。マジでありえなくない?
??))ねー。マジで最悪ー。
廊下を歩いてる私の斜め後ろら辺で声が聞こえてくる。
その声を無視しようとしたけど、私にはとても無理だった。
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂
作者
作者
\ハーイ/
作者
作者
作者でぇっすー。
作者
作者
どうかな·····?
作者
作者
読み応え·····ある?????
作者
作者
( ˊᵕˋ ;)💦
作者
作者
βyёヾ(。・∀・。)ノβyё

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

岸永 ナオコ_🌻💕👑
岸永 ナオコ_🌻💕👑
OPEN☺︎ キンプリとTWICE溺愛中でござる。 このプリ小説でイッッッチバン好きな人! ⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎ 👑髙橋 ほのか💕 イヤ、もう、絶対見て!? 見やな損するで!!(必死) ちなみに名前の〈🌻💕👑〉☜は、 👑髙橋 ほのか💕さんのファンマよ♡ これからも一生👑髙橋 ほのか💕さんを 愛し続けるわ キンプリとTWICEと一緒にね((ウフン♡ ちなみにやねんけど、 わちのファンおるか分からんけど、 一応ファンマ作っとく。(作りたかった) ファンマ☞☂️👑💜or◼👑🖤 『or』やから、どっちのファンマでも ええよー。 え、ここまで読んでくれたん!? 君、サイコーかよっ CLOSE☺︎
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る