無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
109
2019/01/21

第1話

苦しみ足掻き
 
JUNGKOOK 「 ねえ、愛してる? 」

私の首をゆっくりと絞めながら呟いた

あなた 「 愛してる...だから離してっ...お願い」
JUNGKOOK 「 馬鹿だなあ、俺が御前を殺すとでも思ってるの?苦しいのはこれからだよ 」

強引に口付けをして来る
きっと前だったら嬉しかったんだろうな

あなた 「 辞めてよ! 」

私の手の平が貴方の頬に当たってバチッと音を立てる

あなた 「 ご、ごめんなさい... 」
JUNGKOOK 「 ... 」
あなた 「 あの...グク? 」
JUNGKOOK 「 悪い子にはお仕置きだよ 」

凄く怖い目をして私を睨んで来る

あなた 「 もう辞めて下さい...私十分苦しいです 」
JUNGKOOK 「 嘘吐き、愛してるのに 」













彼女は痛くて苦しいこの世界から姿を消しました











ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ" 切なく美しい痛み "