プリ小説

第32話

ウィーン
○○
○○
(はっ!)
先生はマスクを外しこちらに向かって
来る
○○
○○
先生ジンは?
私は小さな声で言った
医者1
手術は成功しました
ですがとても危なかっです
この手術が成功するのはおよそ100%のうち
10%もなかったぐらいです…
テヒョン
テヒョン
本当にジンヒョンは
助かったんですね?
医者1
はい…
医者1
かなり凄い手術で
ジンさんはとても頑張りました

ですがジンさんは目を覚まさないかも知れません。
ラップモン
ラップモン
はい?
ジミン
ジミン
それはいったい…
医者2
頭の部分などを
手術させて貰ったのです…
○○
○○
では…
医者2
すみません!
ある不注意のせいで!!
○○
○○
えっ…不注意?
医者2
色々とレントゲンミスを…
頭の方にも…
ジミン
ジミン
分かりました…
医者2
私達はこれで失礼します……………
ユンギ
ユンギ
あっすみません
病室は…
医者1
手術をし終わったので
私が案内します
ユンギ
ユンギ
はい
医者1
前の部屋と返させて貰いました
テヒョン
テヒョン
はい
ありがとうございます
○○
○○
ジン手術成功したんだって
良かった☺️
女1、女2
失礼します
○○
○○
うわっ
女2
女2
何よ
うわって!
失礼ね、
○○
○○
ごめん
女2
女2
凄い手術の中
ジン頑張ったね
○○
○○
うん……………うん?
何で知っているんだい
女1
女1
病室の部屋とかも
病院の先生に聞いたわ!
○○
○○
そっか
女2
女2
それよりジンは?
○○
○○
この通り
目も覚まさないかもって
○○
○○
だけど先生とジン頑張ったよ…
確率が0.01%の中ジンは頑張ったと思うし
有り得なかったと思うよ…
女2
女2
確かに
ジンside
ジン
ジン
あれ?
ここはどこだ
○○みんな?
そう…目を覚ましたと思ったら
周り全体が黒い壁におおわれていた
だが、
かすかにみんなの声が聞こえる
ジン
ジン
○○僕はここだよ?
すると
○○
○○
ジン私はここだよ?
という震えた声でかすかに
○○の声が聞こえた
ジンside終わり

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

rin
rin
よろしくお願いします