無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

特別編 ・ 地獄のシェフ
これは、ドイツで暮らす留学生3人のお話
ジョシュア
ジョシュア
ね〜、お腹空いた〜
この、優しい顔の人はホン・ジスことジョシュア。
ウジ
ウジ
なんか作るか〜
この身長小さめな爆食王はイ・ジフン
あなたのお兄ちゃんです。
ウジ
ウジ
何食べたい?
ジョシュア
ジョシュア
キムチチャーハン...
ウジ
ウジ
あ、いいね
2人で何を食べるか話し合っていると、

ドタドタドタドタ

遠くから足音が聞こえる。
ジョシュア
ジョシュア
あ、起きたのかな
ウジ
ウジ
そうみたい
眠たそうな目をこすりながら、部屋の扉を開けたのはユン・ジョンハン。
ジョンハン
ジョンハン
おはよ...
ウジ
ウジ
おはよ〜
ジョシュア
ジョシュア
おはよ!

これから、キムチチャーハン作るけど食べる?
ジョンハン
ジョンハン
...作ろうか?
ウジ
ウジ
...え”
ジョンハン
ジョンハン
作るよ。キムチチャーハン。
ジョシュア
ジョシュア
...あ”。
にこっと笑うジョンハン。



2人は同時に思ったことがあった。




“こいつをキッチンに立たせては行けない”
ジョンハン
ジョンハン
じゃあ、2人は座っててね。

キッチンお借りするね
2人は、止めるのが遅かった。

既にジョンハンは冷蔵庫を物色中。

そして、取り出してきたのが...



キムチ、タバスコ、ラー油、唐辛子、ご飯、ネギ、チーズ...
ジョシュア
ジョシュア
...ハニ?

なんで、タバスコとかあるの?
ジョンハン
ジョンハン
え?キムチチャーハンだから...?
ウジ
ウジ
(普段、どんなキムチチャーハン食ってるんだよ...)
ジョシュア
ジョシュア
やっぱり、俺たち作るからね!

ハニは座ってて!
ジョンハン
ジョンハン
えー?気にしないで!!
そして、鼻歌を歌いながらキッチンに立つジョンハン。

それを見ながら2人はコソコソと小さな声で話す。
ウジ
ウジ
...俺は食べない。
ジョシュア
ジョシュア
...食べなくないんだけど。
ウジ
ウジ
...あんなの食えるわけがない...!
ジョシュア
ジョシュア
...人生楽しかったなぁ
ウジ
ウジ
...最後に妹の顔見たかったなぁ
ジョシュア
ジョシュア
...妹いたんだぁ...
ウジ
ウジ
...今度来るけどねぇ...
そんな、会話をしているうちに地獄への入口が迫ってきた。
ジョンハン
ジョンハン
出来たよ〜!!!
ジョシュア
ジョシュア
よし、決心した。
ウジ
ウジ
...食うか。
ジョシュア
ジョシュア
そうだよ、食べよう。
ジョンハン
ジョンハン
どーぞ!

俺も食べよー
2人は声を揃えて、地獄を覚悟して言った。


「「いただきます...!」」
パクッ 2人同時に口に入れた。



ジョシュア
ジョシュア
...あれ?
ウジ
ウジ
...美味しい...
ジョンハン
ジョンハン
でしょ〜!

結構辛めになったからチーズ全部入れてマイルドにした〜!
ジョシュア
ジョシュア
俺たち助かった...!!!
ウジ
ウジ
あぁ、神よ...

ありがとう...!
そんな、不思議な会話をする2人をみてジョンハンは首を傾げた。
ジョンハン
ジョンハン
また作るね!

次は、友達から教わったサナギラーメン!
ウジ
ウジ
...え”
ジョシュア
ジョシュア
...え”

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💫가은💫
💫가은💫
お 肉 食 べ た い ィ 🍖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る