無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🌹
――お昼――
テヒョン
テヒョン
んーヒョンのお弁当美味しい...
ユンギ
ユンギ
あなたも家戻るんだから、お前も帰れよ
テヒョン
テヒョン
わかりましたよ〜。

お母さんにお弁当お願いしときますね☆
you
you
テヒョンのお母さんのお弁当食べた〜い
you
you
てかさ、もう帰国してから1ヶ月ちょい経つ??
ユンギ
ユンギ
そーじゃない?
テヒョン
テヒョン
そんな経つんだね
(思ってたより時間進めてしまった(ت))
👧)だれ!?あの、イケメン!!


👦)やばくね!?


👩)かっこいい...
you
you
なーんか、外が騒がしい...
ユンギ
ユンギ
外じゃない。中だ
テヒョン
テヒョン
いや、空かもしれない
you
you
なるほど
ユンギ
ユンギ
それ、納得するなよ
グク
グク
ヒョン〜!あなた〜!
テヒョン
テヒョン
あ、兎!!
ユンギ
ユンギ
グガじゃん
you
you
先輩いつ、仲良くなったんですか...?
グク
グク
朝、話してみたら楽しくて!

ヒョンて呼んでるよ!
you
you
そんな、仲良くなったの!
テヒョン
テヒョン
ねぇ、兎!

なんで、騒がしいの?
グク
グク
あ、なんかイケメンがやってきた〜 て女子たちが騒いでます
you
you
誰だろ...?
ウジ
ウジ
あ、いた。
you
you
...え(  ˙-˙  )
ウジ
ウジ
やぁやぁ。
👩)イさんと、どういう関係なのかしら...

👧)彼氏彼女!?

👦)えぇ〜狙ってたのに。

👧)かっこいいのとかわいいの...最強
ユンギ
ユンギ
ちょー誤解されてる
you
you
Yes...
ウジ
ウジ
あなた?
you
you
...なんで来たのお兄ちゃん(棒)
ここは、あえて女子たちを兄妹と分からせるために棒読みでもなんでもいいから大きな声で言っとこう...
👩)兄妹!?

👧)もしかして、天才作曲家イ・ジフン...!?
ウジ
ウジ
あぁ、誤解されてたの‪w
you
you
そうそう。で、ご用件は?
ウジ
ウジ
家、泊まらせて
you
you
ごめん、家ないわ( ¨̮  )
ウジ
ウジ
ん?
you
you
え?
ジョシュア
ジョシュア
あなたちゃ〜ん!!!!!
私に正面から抱きついてきたジスさん
you
you
ジスさん...!?
ジョンハン
ジョンハン
てつお達〜!
テヒョン
テヒョン
ハニ!
you
you
ハニさんまで!?

どうして??
ウジ
ウジ
あれ?なんも聞いてない?
you
you
うん。
ウジ
ウジ
俺ら夏休み入ったから遊びに来たんだけど...。

ジョシュアが言ってなかった?
you
you
うん
you
you
なんも聞いてない
ジョシュア
ジョシュア
surpriseだよ♡
グク
グク
あなたから離れてください!!!!!!
ジョシュア
ジョシュア
なにこのうさぎちゃん...
ジョシュア
ジョシュア
かわいい
グク
グク
かわいいのはあなたですね!

その気持ちわかるんで離れてください〜
ジョシュア
ジョシュア
え、彼氏!?
you
you
まぁそんな感じ...?
ジョシュア
ジョシュア
あなたちゃん!

あなたちゃんの彼氏は 僕 でしょ〜?
you
you
えぇ!?
テヒョン
テヒョン
違いますよ僕です!
グク
グク
いやいやいやいやいやいやいやいや。
グク
グク
わたくし、ジョングクですね
ジョンハン
ジョンハン
あなたちゃん、サンドウィッチ食べる?
そんな3人を置いて私はハニさんが持っていたサンドウィッチを貰った

you
you
ありがとうございます。
ジョンハン
ジョンハン
コンビニで買ってきたから安心してね
you
you
...はい?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💫가은💫
💫가은💫
お 肉 食 べ た い ィ 🍖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る